2010年01月11日

方法

相変わらず、

日本の未来が幸せだといいなあと考えています。

幸いなことに、
私は、
本当にフッキーさんとhareさんのおかげで、
どんどんまっすぐになって、

自分自身というもののかたちがどんどん小さくなっていて、

自分の周り360度、
本当に幸せな空気的ばかりを置けるようになって、

ますます幸せです。

日本の未来も、そんなに心配する必要はないのだと安心しきるようになりました。

本気が出たら、あっという間によくなる土台は固まりつつありますよ。

日本を幸せにする方法は、山のような数あります。

要は、どれを選ぶかですね。

答えをひとつに縛られると、

一番簡単な、庶民を犠牲にする方法が一番正しいとか
執着してしまいますよ。

日本を幸せにするには、為替を制すること。
この答えはずっと変わりません。

せっかくですから、数年前?に聞いた、大前研一さんの講演の言葉を
プレゼントしましょう。

ロシアがなぜ復活したのか(数年前のことです)

プーチンさんが(だったと思うけど)、税制を1割(だったと思うけど)
に下げた(下げたのは確かです)ら、

みんな、世の中に出すわけには行かない、(言葉で言うと形式知ではない暗黙知)お金がいっせいに世に出てきた。

隠したお金が日の目を見て、正々堂々と使えるようになって、
そのお金が、国中をぐるぐる回った。

からだ。

だそうです。

今は、カードの時代。

もしもできるのなら、
各国の為替で、決済できるような自分の決済の道を作り、

ものを買ったら、
そのときに一番有利な為替で決済する。

これは、企業でも使えますね。

多分、私は、今で十分幸せだから、
そういう努力はしないけど、

日本人の多くがそれをしてくれたら、
おこぼれがくるので、
それを待っています。

今年に入ってから、
日経新聞に「ニッポン復活の10年」
というインタビューが載っています。

よい記事かりです。

これをまとめて、それで、ニッポン復活の政策を設計する

だけでも、よいです。

ニッポンを幸せにする方法はいっぱいあります。

がちゃんと選んで、目標を立てて、実行する。

どんな方法であれ、
決める。選択する。

実行するしかないです。

元日銀総裁の福井さんの記事がよかった。
今日の伊藤さんの記事もよい。

あはは、ちゃんと読んでいないのに言えることではないのですが、
バランス感覚で勉強していると、ざっと見ただけでもわかるのです。
posted by ひいらぎ at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック