2010年03月27日

70兆円

こんにちは(にこっ)

週刊テレビニュースをつけています。
ものすごく嫌なのは、あのテレビも日経新聞記者だった
司会者のお年な限界の中で、

新しい民主党政治の邪魔する言葉で、世論を引っ張っていること。

本人は、正義でやっているんだと思うけれど、
過去の成功体験のまんまの限界を持っている人が、

小さい正義で邪魔するのはやめて欲しいな
と私は思います。

興味が持てないので、今日はついているだけです。

今月だったか、先月だったか、
一橋大学の米倉誠一郎さんのお話を聞く機会があった。

目からうろこがありました。

今年のニッポンの一般会計の予算は92兆円です。

これは、100年に一度の金融危機を発端とした、
ニッポンの蹉跌の大不況においての、
しょうがない予算です。

例外の予算に対して、あーだこうだと批判をするのは
どうかと、
私は思いますね。

通常はいくらかということで、プライマリーバランス. 国などの財政状況を示す。国債などの借金を除いた歳入と、過去の借金の元利払いを除く歳出のバランスをまずは整えるには?

過去を考えて見ましょうか?

私がすごかったと心の底からびっくりした小渕さんが総理大臣のときの政治は、

ニッポンに久々に60兆円の税収をもたらしたわけです。

去年は36兆円だったかしら、32兆円だったかしら。

小泉さんのときは50兆円だった。

小泉さんが企業をたたいたから、あの頃は世界中が大好況だったのに、
その後三年間は、税収がとても低かったと思う。

ニッポンの消費は300兆円だから、消費税を5%上げると、15兆円の税収が上がる。

と米倉さんはおっしゃったのです。

示唆をいただいて考えました。

5%はきついから4%にしましょう。

12兆円。

小渕政権のような、国民がニコニコする動線を整えた政治をして、
税収を60兆円超えを目指しましょう。

足して72兆円。

当分は72兆円の一般会計を使って、
その間に、ニッポンの経済社会の仕組みを丁寧に整えましょう。

なんだ。そんなに難しくはないじゃないですか?

怖がると道を誤るよ。

国のような大きなものは小さな方向がちょっと動くだけで(微差力)
年が積み重なるとものすごく大きく変わるのです。

まずはプライマリーバランスを整える道を怖がらないことから始めましょう。

やれることは山のようにあるのです。

ニッポンは消費が盛り上がらないと悲しむ前に、

モノはいらないというのはエコです。

ニッポンは医療福祉というニーズがどんどん出てくる。

これもお金がかかる消費です。

医療福祉を経済にする形を整える。

これが日本の行く道だと思います。

マスコミの言葉に惑わされないでね。
マスコミを育ててあげましょうね。

ニッポンの皆様(にっこり)

posted by ひいらぎ at 11:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■財政健全化目標に債務残高対GDP比縮減など、達成時期を明示へ――本気でやれば、また失われた今度は失われた20年の再来か?
こんにちは。またまた、民主党は、財政健全化目標として、プライマリーバランスについて言い出しています。菅さんは、昨年の暮れあたりに「デフレ宣言」をしたのではありませんか?デフレを克服するには、プライマリーバランスを気していてはできませんが?要するに、経済対策には順番があるということです。これを社会人の健康にたとえていえば、デフレは癌でありそのまま放置しておけば、死に至る病でもあります。一方、プライマリーバランスは、一般社会人にとっては会社の仕事のようなものです。会社の仕事がうまくいかなければ、降格になったり、減俸されたり、挙句の果てには解雇されたりで大変ことになってしまいます。その果てに病気になってしまうということもあるかもしれません。しかし、癌の人が会社の仕事をあれこれ気に病んでいても仕方ありません。まずは癌の治療を最優先しなければなりません。詳細は是非私のブログを御覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2010年04月07日 11:26
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
事象について何をしなければならないか?
は、丁寧に情報整理をしていけば本当はわかることなのですが、
残念ながら、ニッポンのメディアが日本を良くするよりも、騒擾(インパクトのある不安感をあおる)方が、自分達の仕事にとって正しいと誤解をしているために、否定して責めることを目的としているため、
いろいろとやかく言われることを嫌う人はぶれますね。
ブログ行けませんでした。ごめんなさいね。
私の今の興味は、(今年は仕事をがんばっているのでなかなか考える時間が取れませんが)
お金の流れをどうデザインするか?です。
日本の中のお金の流れを違う角度からデザインすると、あっという間にいろんなことが解決するはずなんですけど、その角度に頭を切り替えるのは、仕事をして常識の中で生きていると難しいです。
私に記憶力がもう少しあれば、
一瞬考え付いたり、言葉をいただいた時に記憶してもう少しわかりやすく説明できるのですけどね。
角度です。
もっと皆さん賢く日本が得する角度を変化させましょう。
ヒントを言えば、
お金を使う。
そのお金がどこにいくかの通り道をデザインです。
頭のいい人がいらっしゃったら、
続き考えてください。


Posted by ひいらぎ at 2010年04月11日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。