2010年04月18日

信頼できる

こんにちはパンチ

サンプロの次の番組を少しだけ見た。

相変わらず、批判するぞ〜が根底にあって、嫌な気分になったけど、
(野田毅氏の姿勢は嫌い)

大塚耕平・内閣府副大臣(金融担当)さんが、
信頼できると思った。

言葉には気をつけろだけど、(口のうまい人には気をつけろ)

だけど、問題をきちんと整理している誠実さを感じました。

やっぱり、民主党は、まずは、足元からそして、根元に対して、
きちんと、動いておられるように、私には見えます。

知らない人だったので、検索してみた、

そしたらこの記事を見つけました。

http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/249ed4c0357931a0aad0b075521988e9/page/1/

うんうん、納得。信頼できるね。


ここ、共感。

『公的関与があるものは非効率でいいということではない。』

私はね、公のお金を使う者、いただく者、

ほど、お金を丁寧に感謝して効率を徹底的に留意しなければならないと思っているんだ。

内部に対して、徹底的に無駄金を排除して、質素堅実にお金を使い、

そして浮いたお金の部分を、
外部(国民側)を利することに生かす。

国のお金、公の恵まれた道のお金は、

感謝のお金で、そこに入れるものは、恵まれた位置ということで、
それは、悲観的なマイナス思考のエリート意識をもつ類の、
いす取りゲームの位置ではなく、

国民へのサービス業のいすに座った、
大きな責任を与えられた、

おおらかなプラス思考のエリート意識を持つことが責任となる
そういう人生においてのすばらしいいすに座れたということなんだと思うのです。

だから、国に関与するお金が流れる法人は、

法人税を1%〜3%くらい余分に払う位の仕組みでよいと思うわけです。

国にどういう風に税金というか、歳入が入るかの工夫が、
これからのグランドデザインに必要なんで、

消費税アップだけ、平面的に考えても、
ちっとも国民は幸せになれないよ。

消費税アップは必然みたいだね。

考えてみたんだ。

10%に上げるとするでしょ?

今の日本GDPの消費分は300兆円(米倉さん語)×10%=30兆円

食品等は非課税にするとか複雑は、
混乱の元だからね、

人間一人当たり年間100万円は生活費に使うだろうという読みで、
食品増税分一人当たり5万円の還付税をすれば、

税金を取られるのは苦しくて、悲しいけれど、

そこは、国側が(公務員側が)毎日ありがとう、ありがとうと言う習慣にさせることで癒して、

さらに還付で、返ってくる喜びで、プラマイちょっとプラス

にデザインする。

そんなのはどうでしょうか手(チョキ)



posted by ひいらぎ at 12:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。