2010年05月08日

債権国の経済

こんにちは。

がんばっている皆さん。
未来を信頼して生きてくださいね。

能力は乗数で上がっていきますからね。
ある日突然、視界が開ける、そんな感じを体験する日が来ますよ。きっと。

最近の私は、
小さな小さな記事一つからも、いろんなことが入ってきて、
自分では制御できなくなってきています。

世の中にはちゃんと答えは、情報となっていつも回りに来てくれています。

正しく見る(まっすぐに、心を込めて見る)
正しく聞く(まっすぐに、心を込めて聞く)
ことをすれば、

だんだん見えてくるはずです。

見える化することで整理を助けますので、
使う目的がなくても面倒でも、

文章化する(メモ化する)とよいと思います。


この間書いた、4月17日の記事

http://siawasenanipponn.seesaa.net/article/146802926.html

この記事の中の

『黒字亡国』の著者、三国陽夫・三国事務所代表

のお話を聞くことができました。

本当に、何も考えずに、
気になると、(無料なら)気軽に申し込んでお話を聞きに行きます。

その時は、三国陽夫氏を目指しに行ったわけじゃないんですけど、
話を聞いて、感動!

(毎日感動することばかりで、感動力がますます柔軟に上がってます)

71歳くらいの方かな?
日本で最初の証券アナリストですって。

でも自分で投資をしたことはない。

原理原則で研究を追及していかれる学者肌の方でした。

経済には、債権国の経済学と、債務国の経済学がある。

とのことです。

日本の問題は、債権国になったのに、債務国の経済学のまま、
政策を行い続けている。

また、日本国民の多くの心が債務国の経済学から、
脱皮できないでいるところだ。

ということでした。

これは、私の長年の疑問。

「ニッポンは貿易黒字で、国民も勤勉で‥まじめで‥。
なのに、何で豊かな幸せと思えないの?
こんなに国中が暗いの?」
という疑問に答えてくれるものでした。

私は、為替が全てをおじゃんにすると思っていました。

国際ルールはうまくできていて、

努力して努力しても成長しても、
一人勝ちはできないように為替で調整されるようになっているから、

そんなにがんばらなくて、もっと国民が幸せに、
現実に生活している人が幸せになれるような、
楽チンな生活をしても政治をしても大丈夫だと思う。

という仮説を立てていました。

三国氏は為替のことはおっしゃっていませんでしたが、

まあ、つながることをおっしゃっていました。

例えば、日本人がまじめに質素堅実に輸出に励む。

アメリカに売る。

アメリカから代金を回収する。

ここで受け取った代金を日本国で使えば、
確かにニッポンは豊かになるのです。

が、そのお金は使わずに、ニッポンにためておいても仕方がないので、

また、アメリカの国債を買うとか、資本(お金)をアメリカに戻す。

こうなるとどうなるのか、

日銀が、市中にお金をジャブジャブにすると、
経済は、拡大して景気がよくなります。

それは経済学の基本でしょうね。(経済学を良く知らないので、私は自分の感性でだけ理解してますが‥)

それと同じ効果を、

日本の資本が入ることで、お金がアメリカに戻ることで、
アメリカのお金をジャブジャブにしてあげているということで、

結果的に、ニッポンは一生懸命働いて、経済上では稼いでいるはずなんだけど、
そのまま自分に入れないで、お金を買ってくれた国に戻すということで、

日本にお金は入らないわけです。

ニッポンのお金は増えないわけです。
(バランスシートには有るんですけど)

借りた金は返す。

か???

ナポレオン時代イギリスは、フランスに対して債権国なのに債務国の経済政策をして、

結局債権放棄してあげたそうです。

そのイギリスは、

戦後、アメリカに債権放棄してもらっているそうです。

ヨーロッパで、昔、

アメリカにたくさん輸出して、儲かっているはずなのに、
ヨーロッパの会社を、アメリカ資本が買っていく。

いったいこのお金はどこから出てくるんだろうと研究したことがあったそうです。

そしたら、なんと、

自分達が輸出して、その代金をまた、アメリカに投資していて、

そのお金が、また、ヨーロッパの会社を買うお金になっている事実を見つけたそうです。

その講演のメモが今手元にないので、ちゃんとしてことは書けませんが、

ヨーロッパもアメリカも債権国の経済政策を研究済みであること、

その後で、ニッポンが債権国になって、そしてそういう経験を積んでいない、研究もしていない。気づいてもいない状況があること。

そりゃ搾取しますわね。

返す気は、多分ないでしょうね。

ずっと、ニッポンがアメリカに勝つには、

「日本人の生活が幸せになること」

だと、直感的に思って信じ続けています。

議論で戦うエネルギーの無駄遣いはやめて、

即効力のある、簡単に済むことは簡単でも許せる、

楽チンで幸せなニッポンにしましょうよ。

そう思うのです。








posted by ひいらぎ at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149225144

この記事へのトラックバック

癒し家ブログまとめサイト
Excerpt: エステティシャンのプライベート日記や、キャンペーンなどのお得情報を随時更新中です!!
Weblog: 癒し家RSSリーダー
Tracked: 2014-03-19 06:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。