2010年07月01日

自立

おはようございます(^-^)

弁当つくりの途中ですが…。

世界の株価為替で明暗って、

新聞に書いてあります。

日本はね、
金融を本気で司る部署を創るべきなんですよね。
財務というのかなあ。
大きな存在の組織の長としての、すごい存在ではなくて、
国の最適を司るすごい権限(やることは単純)をもつ小さな組織をね。

日本の国債がこんなに形が悪いのに値段が上がるのは何故だかわかりますか?

国内で変えるから、
価格決定権の主体を持てているからです。

株式はね、

日本では、
買ってはいけないルールが至る所にあって、
日本では買えない存在がいっぱいあって、

日本人が買ってないから、
価格決定権がほとんどなくて、

その株価がグローバルで戦う上でのものすごい条件の制約になるにも関わらす、

民主党もそれに全く無策で言葉にもでてこない。

いわゆる経済音痴でどんな立派なことを言っても無能なんだよ。
無能無能無能無能無能無能無能。

国の財務はね、

今は国債バブルなんだから、
安い金利で、
たくさん発行すればいいの。

そしたら日本の株式で、
配当が4%以上の株を広くまんべんなく買えばいいの。

差額の3%が日本の借金をチャラにしてくれいる。

日本人が株を買う。
買えるルールにしないと、

日本は多分どんどん貧乏になること、

誰も気づかないことが、とても悲しい…。

可哀想な日本の企業…。

ルールは自分たちで作り替えられるんだからね。
posted by ひいらぎ at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155016775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。