2010年08月01日

自分

さらに追加しちゃいますね。

今日は古い新聞を読んでいたわけですよ。


2010年7月7日、日経新聞

森絵都氏(作家)「永井明さんのこと」
『「人に苛立つことはないの?」と、いつか尋ねたことがある。
そのときに返ってきた言葉を、私は今でも自分への戒めとして時々思いだす。
「誰かに対してコンチクチショウと思うときは、その誰かじゃなくて、自分の心に何か問題があるときだからさ。誰かにイライラしたときは、あ、なんかあるなと思って、自分に原因を探すわけですよ」

人間は、みんなみんな、足りないところがいっぱい在る動物。

自分も足りなければ、相手も足りない。

完璧な人なんかいない。

足りない同士で、どのように協力したら、もう少しだけでもうまくいく?

この多様化した社会のこれらの複雑化した問題を、

じゃあ、自分だったらどのようにうまくできるの?
あなたがいま怒っている相手以上にうまくやれるの?

想像力を持って、一緒にいい国にしていきましょうね。

怒っている人だけが、つらいんじゃなくて、

つらくても笑って協力し合って、ゆっくりでも前に進むしかない。

そのことがわかる人たちと、一緒にがんばりたいな。

いま在る条件を「こうあるべき」で怒ったって何も変わらない。

いま在る条件の中で、どこをどう変えたり、どう協力し合えるのか
模索する時代に入っていますよ〜〜〜。
posted by ひいらぎ at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。