2006年06月14日

正直に

ヤッパリ正直に告白しなければ。

システムが変わってしまって、ホッポリ出しておいたお陰で、はっきりいって、暴落と言ってもよい急激な下げにやられてしまいました。

幸いなことになんだかんだと大底に近いだろう現在でも、去年の今頃よりはかなり資金がある。

ただし、私の中に初めての恐怖が出てしまって、これがどんな影響するのかが見えません。

当事者としての暴落は初めてで、


その上でデーンとしている父を改めて尊敬。

一緒に投資を勉強し始めた、大切な仲間達に精神的に励まされ、支えられて、昨日のアメリカの下げにも動じない精神の位置を取り戻しました。

私は行動の能力が低いから、投資で稼いで社会貢献を目指していたけど、失敗したら、それは達成出来ません。
神様、そしたらそれは器がなかったということですよね。

ということで、怖いけど、また勇気を出して歩き始めてます。

一番心配なのは、アメリカがとうとう不安定になり始めたこと。

忘れては欲しくないんだけど、お金はずっとあるってこと。

世界のお金持ちのリーダーが、お金をどこに移すかであって、じつはファンダメンタルズはあと付けのようなもので関係は切り放されていること。

から売りさんたちが一杯儲けているでしょうね。
posted by ひいらぎ at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運用・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック