2015年07月21日

新国立競技場2

新国立競技場、再コンペは無駄だと私は思う。

時間がない中でもったいないと思う。
ザハさんでしたっけ、彼女にも失礼だと思う。

それよりも、彼女のデザインの基本の土台の部分だけ
踏襲して、そこまでは確実に彼女のデザインでいけばいいと思う。

競技場はグランドがあって、観客席さえあれば、競技は出来る。

観客席の基本のシンプルなデザインだけ決めて、
区切って、たくさんの企業が分割して造ればいいと思う。
デザインが統一されていたら、矛盾はないと思う。

今日も、ドームの新しい素材と工法がどこかの会社から出たと、ネットに出ていた。

屋根の部分はこれから、3年くらいかけて、新しい技術と工法を公募して、
一番自慢できる屋根を天井を造ればいいと思う。

地震の多い日本で、広い体育館の天井をどうするということは、
今現在も大きな課題のままだと思う。

直下型地震が来たときに、本当に大丈夫なのか。
それが解決できたら、日本はまたすごい進歩の道にいけると思う。

建物のモジュール化。
協力し合って造るって、すごくいいと思うんだけどな。
資本主義の限界を超える新しい領域だと思うんだけどな。
みんなで造る。それこそ国立だと思うんだけどな。

お金をかければいいって物じゃなくて、
お金をかけなくても、新しい意味が持てたら、進歩だと思うんだけどな。

でも、他の国では、数百億で出来る競技場が、何で、日本だと数千億になるんだろ。
そこの意味が知りたいなあ。

私の考える天井は、地震が起きたら、自動で天井が開くのがいいな。
少しでも開けば、地震に対して強くなる気がするの。

posted by ひいらぎ at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。