2015年07月26日

言いたいこと

正直言うと私は安倍さんが嫌い。

だけど、民主党をはじめとする野党に言いたい。

経済を勉強しなさい。

国民は、今の政権に危なさを感じている。

でも、超高齢社会に突入した日本に経済の伸びしろや余裕は少なすぎる。

悪い経済政策をされたらひとたまりもなくなる。

国民は民主党の経済政策にこりごりとトラウマを受けている。

(リーマンショック後にさらに東日本大震災、原発事故とで、運が悪かったとも思うし、よくやったとも思うけど
経済は、国民はポピュリズムで感じるわけだからわかりやすさは重要です)

安倍政権は正直危険だとは思ってます。
お金使いすぎ。

でも、歴史ある自民党の伝統ある経済政策を上手にやっておられるとは思うよ。
でも、未来に対する対処を考えておられるとはぜんぜん思わない。

(たぶん自分が政権をとっている間は、お金を使って景況をよくして、憲法改正まで持って生きたいと考えておられるんだろうな。)

経済を安心して任せられるという安心感が芽生えなければ、国民は政権交代を選択はしてくれないよ。

野党の人々は、経済を重点的に勉強して、経済に強くなって、それが国民に伝わるようにしなきゃいけないと思う。

自民党のように古い公共事業に頼った財政出動という経済じゃないよ。

財政出動は大事だけど、それもバランス。
民間が強くなってきたら、『誰がお金を使う?』は民間に任せて、

国内でお金がぐるぐる回るにはどんな工夫と新しい対応ができるか?

それが一番重要で、

新しい人口構造の日本で、どうみんなが幸せに感じられるかを発明していかなければならない。

その可能性を感じさせなければ、国民は政権交代を選べないよ。

経済が一番重要。

グローバルスタンダードの欧米型の経済、格差が広がりすぎる社会をたぶん国民は望んではいない。
小さな、バランスの変化でいいから、
弱いものも誇りを持って生きられる経済の形を、見つけてほしい。

与党と戦う姿を見せることがアピールじゃないことに気づいてほしい。
子供たちに見せて恥ずかしい非難合戦は、封印するくらいの気概がほしい。

数で負け過ぎたら、何やっても負けちゃうわけだから、反対アピールじゃなくて、
もっとよくするアイデアを反対に提案する姿を見せてほしい。

どうしたら新しい日本を見つけて、新しい国づくりを実現できる力を育てられるか、
国民を巻き込みながら作っていく過程を見せていってほしい。

とにかく経済を、本気で勉強してくださいね。










posted by ひいらぎ at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。