2008年02月23日

素敵〜!

新聞を読んでます。

日経BP社の広告
にウキウキ。

『がんばれ!銚子電鉄』

「電車運行維持のためにぬれ煎餅を買ってください!電車修理代を稼がなくちゃいけないんです。」

経営難に陥った鉄道会社が、ホームページで名物「ぬれせんべい」の購入を呼びかけたところ、2週間で1万件の注文が殺到!



素敵〜!

足るを知る禅的経済って、そういうことなんだ。

やりたいようにやる。

わくわくするような行動。

ニコニコしちゃう感動をちょっぴり手に入れられる。

そんな感じです。

美談のための行動は、気持ち悪いけどね。

美談にする必要はないことも知ってくださると、

多分若い人は嬉しい。

もう一つ。

『幸運な宇宙』

「特に、現在の宇宙が安定したよい状態にあり、この幸運はどこから来たものか、」


私たちは幸せの中にもともと生きているんですね。

ニッコリ♪


もう一つ。

『中国動漫新人類』
「日本製の動漫=「アニメ+漫画」は中国の若者にとって、民主主義の教科書
(中略)その影響力の大きさに、中国政府もあわてて、自国動漫産業を目指す」

あはは、

中国の若者は、日本製のアニメの根底に流れる「愛と勇気と友情と自由、他者への尊重」

を学んでいるんですね。

日本のアニメのすごさは、

日本人でも知らない人がいっぱい。

あの中に入っている、人類最先端のでっかい愛を感じて育ってくれる若者が増えますように。

いつか世界が、

競争よりも、他者を生かし合うだけでウインウインじゃんと気づいてくれますように!
posted by ひいらぎ at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

週刊 ダイヤモンド 2008年 2/9号 [雑誌]
Excerpt: 勝間本はもちろんコンテンツも優れているのですが、出版の世界においては良い本だから必ずしも売れるということは限りません。彼女はいかに本を売るかということに対してもマーケティング発想で実現されたことがよく..
Weblog: ゆいの部屋
Tracked: 2008-02-25 22:55