2005年04月30日

未踏の地

ブログを約2ヶ月書いたのかな?

自分的に未踏の地を踏んでしまったようで、

自己管理不能になり、人生で一番太ってしまい、
どうしたものかと決めかねています。(ラッキーなことに着やせするんです)

2年前に書いたときは、
私には世界が、仕事と少しのお友達と、
あと新聞を読むしかなかったのです。
(あの文は緩やかな縁のお友達の知り合いの方、10名くらいが読んだだけだったのです)
(それでも十分にきつい毎日でしたが…)

今回は新しい出会いがたくさんでき始めて、そこから有機的な縁ができ始めていて。
(この辺の伝える言葉を知らないから、うまく伝えられないです)

そういうところ不器用でねえ。
一日の24時間を、大体ここに的を絞ろうと自分で決めて、
ガーっと突進して、ある程度形になったら、元のシンプルで何も持たない自分に戻る。
そういう繰り返しで生きてきて、
いっぺんにあれもこれもはできない

いのししとかめの合いの子のような人間だったのです。

基本的に、優秀ではないし、普通の笑顔の女の子だったんだけど、
一歩一歩歩いてきて、止まらなかったら、

「あれ?なんで私はここにいるの?」
って感じで、

自分が自分でよくわからない。

夢はおばあちゃんになるまでに、
白馬の(車でもいいんだけど)王子様はやめて騎士に出会うこと。
(一応夫が自分を乗り越えて騎士になってくれてもいいんだけど)

本当に野心も何にもない、普通の夢見る女性なんだけど…。

怒らないで読んでくれる?

私には20代前半に守護霊が見えるという友人がいて、

何でも半分とことん信じる私は、見てもらったことがあって、
1回目はおじいさんで、「がまんをおぼえなさい」と言っていると言われたの。
その数ヶ月後に、本当に我慢を勉強するようないろいろがやってきた。

次に見てもらったときは、
きれいな中年女性で、
「勉強しなさい」と言われました。

そしたら、その年、厳しい園長先生がやってきて、
がんばるしかない1年を過ごしました。

そのあと私は、もう見てもらわないと宣言をして、
自分の人生を自分で決めると思ったのかな?
記憶にないんだけど、
見てもらうことはずるい気がして、やめた。

その数年後彼は、もう見るのはやめたんだよと言っていた。

なんでこんな話になっちゃったんだろ。

自分勝手な私は、
短期間に守護霊さんが変わるのは、
私がどんどん成長しているからだ。
なんて勝手に思ってて。(自分に甘いらしい)

本当に今は、好きなことをしているわけだけど、

自分がどこにいて、どこに進もうとしているのか、よくわからない。
出会えるはずのない、すごい人たち(まだ無名だとは思うんだけど)に出会い始めて
対等に話させてもらって、
すごく幸せだけど、(いつもありがとう)

なんで私がここにいるのかわからない。

面白いというか、心地よい空間にはいます。

が、家族がねえ。
私の24時間をどうプロデュースすればいいの?

無能な家事がますます無能になっていく。
全ての家事の能力の高い女性たちを尊敬する。
posted by ひいらぎ at 12:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

限界!で休憩



私は書くことが好きです。
というより、考えることが好きで、考えても忘れてしまうので、
書くと一応記録になるから好きです。
書かないと忘れたくないとケチ心が、執着しようとするから、
自由じゃなくなるから嫌いです。

そうすると今度は欲が出てきて、せっかくだから読んで欲しくなります。

書くことで、お金が貰えたら幸せだけど、
わがままなので、ルールに合わせて自分を曲げるのはいやなので、
やっぱり今くらいがいいな。

思ったこと、感じた事を、ただそのまま書いているだけなので、全然苦じゃないし、
電車の中や寝る前の隙間の時間にに携帯でピコピコピンって打っているので、全く苦じゃなくて、

もし、私が働いてなくて、時間がたっぷりあったら、毎日10くらいの投稿は簡単で、
情報の整理が好きなので、
お役に立つ情報整理を、日本の未来のために頑張っていらっしゃる方のためにいくらでもボランティアするんだけどなあ。

まあ、叶わぬ夢を語っても仕方がない。
隙間がない生活はけっこうきつくて、
しばらくの間、週に、一、二回だけ書きますね。
毎日つきあって下さって有難うございました。

女性はちゃんと報告しないと、余分な心配をかけたらいやだなあ
とか思って、先走りに報告しちゃうことが多い。

ここが男性パートナーと、意思疎通がうまくいかないところなんだよね。
自分がやることは、相手にも期待してしまう。

もっと朗らかになりたいなあ。

書きたいことは山のように山のようにある。

それだけ、余分なことばかり考えていて、
生活をちゃんとしていないということだけどね。

昔得意だった料理の作り方さえ忘れ続ける毎日です。
posted by ひいらぎ at 17:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

素直によいところを

私は時代には深さと長さがあると考えている。
深さというのは、その一瞬を切り取った時の、
成熟度というか、どの程度掘り下げているかみたいな度合いで、
それは誰でもが感じる事だと思う。

長さというのは、同じ時を生きていても、
最先端の一番前を行く人もあれば、
今であっても明治時代のようなそんな時代錯誤を生きている人もいると思う。
そういうことである。

人口の世代別分布図みたいなものを思い浮かべて欲しい。
それを横にした図が、時代の長さの分布図で、

最先端を行く初めの一歩を踏み出す人は、
ほんの数人がポッポッポといるだけで、
そしてそれが、バッシングを受けながらも(日本はそういう国だから)

大衆に広められていき、(一番多い分布の範囲)

そして最後は、だんだん時代遅れとなっていく。

私は日経新聞の私の履歴書が好きです。
彼等のどうしても私達に伝えたい事は、普遍の真理であったり、
時代の最先端で見つけたものであり、
今こそ学ばなくてはならないものだったりするからです。

年配の方だから、どうしてもちょっと違うなあとか、
説教臭くなったりする事も多いですけど、

素直に彼等の言葉の真意を、良い所を受け取りましょう。
3/31感動した文を転載させていただきます。

私が特許とか著作権とかに少しだけ反発するのは、
もともと地球にあったものを、形にさせていただいているだけなのに
そんな気持ちがあるからで、共感したわけです。
他にもいっぱい共感を受け取りました。

3/31日経新聞朝刊私の履歴書石坂公成氏『私が日本に帰って感じたことは、日本人の考え方が35年前とは変わってしまったことだった。学生たちは自分が将来何を優れたるかよりも、有名な学校に入ることや安泰を第一としているし、エリートたちは名を上げることやほめてもらうことを目的として生きているように見える。
私の大学時代には、基礎医学の研究者などという職業では自分の仕事をほめてもらうどころか、関心を払ってもらうことすら期待できなかった。それなのに私が学問の世界に飛び込んだのは、自然科学の美に魅せられたからである。そして、それは我々夫婦に共通した感覚であった。
われわれ基礎科学者はたとえ何かを発見しても、それは元々自然がつくったものである。でも、自然のすばらしさは感激に値する。基礎科学者は誰もほめてくれなくても自然の美を発見したことに満足なのである。そう感じない人はこんな仕事をするべきではない。
しかも、我々の研究結果には経済効果がない。いくら自分ではおもしろがっても、誰かが自分たちの見つけたことを使ってくれなければ、我々の仕事は職業としてはなりたたない。中略我々が研究者として成功した最も大きな理由は我々が愚直だったことにある。私は英語で嘘をつくことができないので、嘘をつくことを忘れてしまった。照子の場合は正直の上に“ばか”がつく。幸いにして正直であることは科学者にとって最も大切な資質であったし、愚直は多民族社会である米国で自分の信念を通すために最も重要なことであった。』

posted by ひいらぎ at 13:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

不思議なページ

今日は、夜子供とお出かけなので、

ちょっと楽(らく)して、
たまたま珍しく開けてみた、メルマガ
(取っても読まない失礼な読者)
に載っていたサイトを(科学のメルマガだったと思う)

私はそこにモノがあるだけで、満足できちゃう
行動、現実味の要らない安上がりな人間なのです。


何かと言うと、

▼HotWIRED VRもオーラも「共感覚」の一種?
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050309301.html


なんだか不思議な違和感を感じたから…。

私の場合、こういう不思議な違和感を感じたものを、とりあえずそばに置いておく
(それ以上の努力はしない)
そういう思考パターンで生きて来ました。
(そうすると時々置いといたモノが勝手に動き出してくれるのです)

楽々人生〜。
一応真面目なつもりなんですけど。
posted by ひいらぎ at 12:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

予想ゲームと「愛・地球博」

まるで遠足前の小学生のように、楽しみにしていることがある。

「愛・地球博」

今までの日本での博覧会はすべて2000万人以上の入場があったけど、「愛・地球博」は目標が1000万人以上だって。
知人は、間近だというのに盛り上がらないね〜、失敗するんじゃない?なんていじわるを言う。

違う友人に
「だって、恐竜のロボットがその辺を歩いているんだよ。すごく楽しみじゃない?」
と聞くと、
「よくわからないというか、そう?」
なんてつれない返事。
息子も、別にそんなに楽しみじゃないけど、付き合ってやるよ」

え〜?なんで?
私なんて、何回行こう、全期間何度でも入れるパスポートを買おうかな〜。
いつ行こうかなあって、かつてない、ワクワクの中にいるのに。

確かにいろんな人の中で盛り上がっているのは私だけかも。

私は、ふたを開けたら大盛況と予測しているんだけどな。

でも混むのはいやだな。

もうすぐ開幕。
私の予想は当たるのかな?
それとも、単に私が子どもなだけ?

そんなこんなで私の生活の中の予想ゲームは続きます。

自分と世間の距離を測るようなものかな?

それにはまず自分の気持ちを問いただす癖が必要になります。
そして、世間様のお話を真摯に聞く態度もね。
楽しいですよ。

posted by ひいらぎ at 18:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

活かし合えたら

今日は、新しい冷蔵庫が来たの。
朝から、掃除で大変。

家が狭いから、廊下にも家具が置いてあって、それをどけないと、冷蔵庫は入らないから。

それを思うとなかなか行動に移れなくて、

まず、冷凍庫が凍らなくなって、

だんだん、冷蔵庫が冷蔵庫の機能を期待できなくなって…。
多分来週はこの冷蔵庫は機能がなくなっていただろうな。

ふ〜。

でも13年も働いてくれたんですよね。

ようやく新しい冷蔵庫を買うことができて、
さっそくアイスクリームを買いに行きました。

豊かな日本ですね。

家族がいて、家族団欒をしていると、
特に男しか家族がいないと、
あれをやれこれをやれって、(あの甘えはいったいなんなの?)

頭の中にあった書きたかったことを吹っ飛ばす。

仕事だけが忙しい人は、忙しいけれど、
やっぱり同じ方向の忙しさだから、多分案外楽だと思う。

でも、仕事と、親としての活動と、家庭管理と、
全部全く種類が違うから、

それ以外にちょっとやりたいことをすると、頭の中がパニックで、

力を抜いて、混乱しないように自己管理に努めてはいるけど、

実感として、頭の(脳ミソ)の余裕がないということがどんなにしんどい事か。

女性がもっと自己実現するために、
どんな援助をしたらいいかを

自分自身に置き換えて、考えている。
それを、
行動力のある、同じようにもっとよい日本になって欲しい人に伝えて、
その人たちにかなえて欲しいな。

他力本願でごめんね。
でも、行動力は恐がりだから、びくびくしちゃうんだもん。

得意ことを活かし合えたらいいな。

そんな考え方に共感してくれる人
“この指とまれ!!”






posted by ひいらぎ at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

携帯からテスト

機械音痴なんだけれど、出勤途中の電車の時間を有効利用するために、携帯からテスト。
本当に感謝の世の中。
前は働かないと、自己実現は難しかったけど、今はやる気と創意工夫があれば、なんだってできる。

ありがとう、世の中のたくさんの人たち。

今は働いて(雇われて)いた方が、時間がなくて、寂しい。
          世の中のいろんなパラダイム(枠組)や形が変わりそうだね。
ワクワク!

未来を信頼できるかどうかで、幸せが変わってくるね。
posted by ひいらぎ at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

初めまして

こんにちは、ヒイラギです。
何でヒイラギかというと、庭に柊があったのとただの語感です。

私は、好奇心の塊で、経済記事を読むのが大好き!

若い頃は、勉強をしなかったけれど、今では、「研究者」が一番向いていたのかなあと
時々思います。

が、難しい文字の羅列を読むのは、嫌いというか、

40代にして、ますます子どものような感性になってきて、
楽しくない事に対して、感性が無意識で拒否するようになっちゃって、
どうしたものか…。

でも、好きなことだけでも生きていけるのか
(一応拒否が出てこないことなら無機質なこともやってますよ)

試してみようかな?

この間、ライブドアとニッポン放送の問題をどう思う?と友達に聞かれました。

私の意見は、あんまり興味ない。(目立つだけジャン)

でも、2006年に株式交換でM&Aが外資にも解禁されたら、
もっとニッポンのあうんの常識が通じない外国勢がもっとシビアな事をするわけだから、
その前哨戦となって、よい勉強をさせてもらってよかったね、日本の上場会社さん。

って感じです。

今回一番儲けるのは、リーマンさんでしょ?

日本人が、感情的や感傷的ではなく、ちゃんと経済を勉強しないと、
たくさんのお金が、金融の中でたくさん外国に流れていく事になりますよね。

でも、それでも裕福な日本は、本当はめちゃ幸せな国なんじゃないかな?

地球に恵まれた空気のように、恵まれた事は、なくしてみないと気づきがたい。
そのことに意識して、
目の前の事や、近くのいろんな事に感謝して生きたいなあと思って暮らし始めたら

すごーく心が満たされて、みんなもそうすればいいのになあと思ったりしますが、
いらぬおせっかいですよね。

posted by ひいらぎ at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。