2010年08月07日

ヒーロー

こんにちは。

8月2日の日経新聞 未来面です。
第8回(経営者からの提言)東進ハイスクールの永瀬昭幸社長です。

題名は、「日本復活の近道は頭脳への投資」

「今の日本は財政難や少子高齢化など解決困難な問題が山積みして隘路にはまり込んでいるように見える。こうした閉塞感を打破して成長を実現する最短で最も確率の高い道が頭脳への投資だ。考えてみてほしい。仮に鉄より安い炭素繊維を日本人が発明したとする。それだけで資源メジャーに値上げを迫られ辛酸をなめ続けてきた日本の立場は一変するだろう。」

「予備校を経営する中で、日々痛感するのは、学習する内容の上限を学年で制限するのはある種の拷問にいとしいということだ。


野球やサッカーを目指す子なら当たり前に受けられるエリート教育が、学問の世界になるとなぜか不平等だといわれてタブー視されてしまう」

「教育は間違いなく10年で成果が出る。
今、小学6年生の子どもは10年経てば社会人。自然科学の分野ではすでに中心選手になっている。」

「こうした様々なチャンスを子どもたちに提供し、教育環境を創出し、制度を改革することこそ私たち大人の責任だと思っている。
幼・小・中・高・大・社会人一貫の新しい教育体系構築し、社会に貢献する“人財”を大量に輩出していく。それが私が提案する日本を元気にする処方箋だ」


大賛成です。

結局仕事していて思うのは、一人一人の能力じゃないんですよね。

一人一人の自立度なんです。

自立度というのは、自分を開示して、
一歩引いて、全体の動きを眺めながら、
チームメイトの動線を邪魔しないで一歩引いて、
そして自分も自分の主張をしっかりして、
それらの複数の主張をまとめながら、

目標に向かえる力なんです。

自分を開示できる勇気と、
自分を無にできる、(それには自己肯定力が必要なんです。)

前々から書いている自己卑下を伴わない自己否定ができることなんです。

それができないと、前に出る勇気が出ないんです。

変化を恐れるんです。

やらない・やらせない、目の前の感情の楽さに引っ張られずに済む勇気なんですよね。

日本の一般の公教育は、この勇気をつぶす教育なんです。

やらせないことで、コントロールする。

教育がすごく面白く面白くなれたら、

勤勉で優秀な日本人は、

すぐに、すっごい成果を出すようになりますよ。

10年で結果が見えるようになりますよ。

エリート層はそれをやっています。
だから、日本はエリート層に高額な報酬をあげていなくても、
困難な職場であっても、様々な成果を日本にプレゼントしてくださっているのです。

一般の公教育でも、それをやって欲しいのです。

posted by ひいらぎ at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

自分

さらに追加しちゃいますね。

今日は古い新聞を読んでいたわけですよ。


2010年7月7日、日経新聞

森絵都氏(作家)「永井明さんのこと」
『「人に苛立つことはないの?」と、いつか尋ねたことがある。
そのときに返ってきた言葉を、私は今でも自分への戒めとして時々思いだす。
「誰かに対してコンチクチショウと思うときは、その誰かじゃなくて、自分の心に何か問題があるときだからさ。誰かにイライラしたときは、あ、なんかあるなと思って、自分に原因を探すわけですよ」

人間は、みんなみんな、足りないところがいっぱい在る動物。

自分も足りなければ、相手も足りない。

完璧な人なんかいない。

足りない同士で、どのように協力したら、もう少しだけでもうまくいく?

この多様化した社会のこれらの複雑化した問題を、

じゃあ、自分だったらどのようにうまくできるの?
あなたがいま怒っている相手以上にうまくやれるの?

想像力を持って、一緒にいい国にしていきましょうね。

怒っている人だけが、つらいんじゃなくて、

つらくても笑って協力し合って、ゆっくりでも前に進むしかない。

そのことがわかる人たちと、一緒にがんばりたいな。

いま在る条件を「こうあるべき」で怒ったって何も変わらない。

いま在る条件の中で、どこをどう変えたり、どう協力し合えるのか
模索する時代に入っていますよ〜〜〜。
posted by ひいらぎ at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受け取り方の限界

こんにちは。

結局人は、その人の受け取りたいように受け取る。

人は言っていることが大事じゃなくて、
世の中に出てくる言葉をどのように受け取るか、
がその人をあらわしているんだと思う。

だから、
何を言うかは実はあまり重要じゃないんだと思うんだ。
(無意味ってことじゃなくて、受け取り方のほうが断然重要ってこと)

そして、それはコントロールがきくものじゃないところが、難しくさせている。


何を言うかは、冷静なときはコントロールがきくんだけどね。
とっさの反応も、コントロールがきかないよね。

たまたまであったブログ。
そう計算なく沸きあがってくるもの。

それが厄介なんだよね。

自分で自分を受け入れる。
そのために、他己承認を受ける。

それができると、

まっすぐになれるんだけどな。


http://ameblo.jp/ryuzo-heartfull/

『今回のクライアント様も理性と感情の

葛藤から起こる問題でした。
感情は深く、潜在意識と直結しているので

計算なく湧きあがってきます・・・・

これは計算して考える理性にはコントロールが

なかなか及ばないところです。


だから人は迷います。

でも結局は、自分でどうした方がよいかはまた本当は

どうしたいかはわかってることが多いんだよね。


だから理性と感情が同じ方向を向けば

大体の問題は解決するんだよね。』
posted by ひいらぎ at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明るく

こんにちは。


ネットの友人から、
お勧め動画が送られてきました。

はやぶさ動画(ニコ動画字幕解説つき)宇宙戦艦大和
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11058585

ニコ動画は登録していないので、羽次郎に相談したら、僕のところから見ればいいと見せてくれました。

ニコ動画は、日本のサイトなんですよね。

これはいろんなことに工夫して活用できますよね。

はやぶさの奇跡は、ニッポンの未来を示唆してますね。
はやぶさの展示が人気で、一日3万人だって。

一人100円取っても、一日300万円入るんだよ。

お金は汚いものじゃなくて、使う人の心の質で、出てくるもの、
作り出すものがちがうの。

そろそろ、質を上げて行こうね。

未来を明るくするには、

受け取り方を明るくできる人間に一人ひとりがなれる、そんな
空気づくり、意識づくり、言葉作りが必要になります。

一人一人が幸せに満たされることが必要になります。
幸せも受け取り方で、次の態度が変わって、
いまの自分は全部が自分の責任で、
自分の態度を変える勇気、
受け取り方を変える勇気が、
必要となる。

そしてその勇気は、また満たされた自信が後押しをするから、
幸せや満たされる経験が本当に必要となるんです。

自分の責任だけど、周りの後押しが必要となる。
甘えてもいいけど、甘える前に、自分の勇気を振り絞る。
そんな微妙な努力が必要となる。

全部がつながっていて、

すべては自分の受け取り方だということ、
みんなわかってはいても、

自分の育ってきたいろんな経験がそれを誘導します。

自分の受け取り方や反応に、そしてまたその方が傷つき、
悲しい悪循環を起こします。

日本中にそういう現象が蔓延しています。

いろんなことを吹っ飛ばす、明るい波動、持てるようになれたらいいね。

金曜日に若い人々の世界に行ってきた。

かなりの希望の明るさを受け取ってきたよ。

彼らは、私たちの世代の暗さを受け取っていない別の文脈だね。

希望を感じたよ。

私も、明るく前へ前へ生きていくね。
私はどうも、水平を超えたみたい。

先に行っているね。

皆さんも、自分を甘やかして、
自分を自分で誉めまくって、
自分で自分をなでてあげて、ゆっくりから加速して、
水平を超えてくださいね。
posted by ひいらぎ at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

大好き(^-^)

こんにちはo(^▽^)o
党首討論を見ている。

枝野さんが出ているんだけどね。


私ね。
枝野さんがものすごく大好きなような気がする。

カラダ中でニコニコしちゃうくらい大好きのような気がする。

この間のレンホウさん、

それから仙石さん、
大塚さん、

みんな話がつながっている。

多分突き抜けたところでつながっている。

すごいことだと思う。

彼らの高い意図を感じ取れる人が21世紀に必要とされる人だろうな。

きっと他にもたくさんいて、私が知らないだけだろうね。

ありがとう信頼してますo(^▽^)o
posted by ひいらぎ at 11:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

自立

おはようございます(^-^)

弁当つくりの途中ですが…。

世界の株価為替で明暗って、

新聞に書いてあります。

日本はね、
金融を本気で司る部署を創るべきなんですよね。
財務というのかなあ。
大きな存在の組織の長としての、すごい存在ではなくて、
国の最適を司るすごい権限(やることは単純)をもつ小さな組織をね。

日本の国債がこんなに形が悪いのに値段が上がるのは何故だかわかりますか?

国内で変えるから、
価格決定権の主体を持てているからです。

株式はね、

日本では、
買ってはいけないルールが至る所にあって、
日本では買えない存在がいっぱいあって、

日本人が買ってないから、
価格決定権がほとんどなくて、

その株価がグローバルで戦う上でのものすごい条件の制約になるにも関わらす、

民主党もそれに全く無策で言葉にもでてこない。

いわゆる経済音痴でどんな立派なことを言っても無能なんだよ。
無能無能無能無能無能無能無能。

国の財務はね、

今は国債バブルなんだから、
安い金利で、
たくさん発行すればいいの。

そしたら日本の株式で、
配当が4%以上の株を広くまんべんなく買えばいいの。

差額の3%が日本の借金をチャラにしてくれいる。

日本人が株を買う。
買えるルールにしないと、

日本は多分どんどん貧乏になること、

誰も気づかないことが、とても悲しい…。

可哀想な日本の企業…。

ルールは自分たちで作り替えられるんだからね。
posted by ひいらぎ at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

勝ったね

おはようございます(^-^)

日本勝ったね。

寝てて悪いけど、
(夫は見てて時々起きた)

いい試合だったね。
素人目だけど、
ものすごくいい試合だったね。
新しいゾーンに入ったね。

夜のヤフーニュースで、
ハヤブサが気体採取成功を確認
というニュースを見て、

勝つなと直感した。

だけど、その後で、
トヨタの伝説のドライバー事故死
というニュースも見た。
(ご冥福をお祈りします)
トヨタは日本の代表企業で衝撃的なニュースでした。

ここで、
願をかけた。

勝ったら願いは叶う。

(気持ちは勝つと思ってたけど、)

象徴が2つ来たから。

勝ったねo(^▽^)o

願いは叶うよ。

ね、
私の心から応援してる人。

posted by ひいらぎ at 06:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

動線

こんばんは。

今日公示?

新聞で、私の応援している36歳の方のお名前を見て、

今日はとってもお月様がきれいで、満月じゃないけど、お月様に祈ってます。

はやぶさの奇跡に念じたら、日本のサッカーはあの日勝ちました。
はやぶさの持ち帰ったものの中に、気体を確認したってさっきヤフーニュースに。また勝つかな?

そして私の願いはきっと叶う。

今朝の日経新聞。

国立大研究者法人化のしわ寄せ?
科学論文3年で1割減

小泉改革の真っ盛り、構造改革で国立大学やらいろんなところが、
独法化されました。

国から切り離された。
ということです。

さて、構造改革で、民になってさぞ、効率が上がったでしょう。

と世の中の多くの人は感覚でそう幻想を抱きました。

私は、そういう人を感じるところで仕事をしているので、

その頃、「なんじゃこりゃ!」

と実は、最悪の改悪を感じて心配しておりました。

日本人の改革は、厳しくするのが改革と誤解しているのかと、情けなく思いました。

まあ、あの改革は、本気で生きて観察をしている者には、ひどい改悪としか思えなかったのは確かですね。

その後、勉強しました。

この国には、基本設計があって、

それは「官は悪いことをしない」という前提があるそうです。

官は悪いことをしないという前提でこの国の仕組みが設計されている。

だから、公務員を罰する法律が極端に少なすぎるわけです。

国立大学が、国を離れる。
だから、悪いことをするかもしれないから、全部に厳しい厳しい書類を課す(内部統制の概念が外圧となってやってきた頃と重なりました。日本は外圧に弱いのです)

国立大学の事務は、善管注意義務を満たすために、

それだけのためにとてもとても厳しくなりすぎたんだと思います。

現場をこころみない改革。

現場の効率・効果よりも形を尊ぶ最悪の改革。

現場の動線をぶっ壊す動線。

それがあの構造改革だったのです。

そりゃ世界に勝てないわね。

こんな中で成果を上げ続ける日本の研究者は本当にすごいと思います。

予算も無い。
時間も無い。
余分な雑務や書類は多すぎる。

そんな中で成果をあげる、その研究に対する真摯な態度に
心から尊敬申し上げます。

人間は損得を乗り越えて、困難を前に、

自分を消す。自分の自我の自尊心を無にして、
本当の魂の目指すものに向かうことで、

成果を出すことができる。

ニッポンの制度の動線はけっこう、最悪だけど。

どんな環境でも、人間は本気で生きれば成果に到達できる。

ファイトしよう。

わたしもがんばってます。




posted by ひいらぎ at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

未来

おはようございます。

今月は一回も書いてなかったんですね。
次は多分実践の時期に入ってしまったんだと思います。

私ってね、
とんでもはっぷんなのか、

けっこう何か言うと、
存在を無視されちゃうんだ。

hareさんに言わせると、
なんとコメントしていいかわからない。
とのことで、
soneさんには、

何言っているかわからないけれど、
わからないけれど聞き終わった時に、ニコニコハッピーになっていると言われました。

そう思ってくださる人は、優しい人で、
わからないこと言われると腹を立てる人もたくさんいるから、
けっこう生きることは大変よ。

今朝の新聞で、
嬉しい記事を2つ。

年間三千万以上の科研費を受ける一流科学者に出前授業を義務付けって。

日頃、実は科学を楽しんでいる一流科学者に子どもたちが触れる機会を

と願っていたので嬉しくてしょうがない。

もう一つは、

オリックスが東京スター銀行に出資して、
ノウハウを提供し同行の取引先の再建を協力して進める。

企業は、
ノウハウを本気で提供したら、
確実に再建できるし、
進化する。

日本の底上げ、

ガンバレ(^-^)ノ~~(^-^)ノ~~
posted by ひいらぎ at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

器械

カバラ占いです。

私はやっぱり器械だった。


属性 思考型(3、4、5、22)



論理的思考の持ち主で、頭の回転がはやく、コンピュータのような頭脳をしています。この世界をシステムとしてとらえ、世界に満ちた法則を見抜くことで物事に対応しようとする生きた計算機で、合理的な判断が得意です。

情報に敏感で、何でも情報としてとらえ、頭の中にデータベースを持っていて、会話の内容も情報としていつまでも覚えていて、そのデータを元に物事を判断します。一瞬で関連性を見抜き、方法を考えることが得意なので問題解決能力があり、何でもいちおうこなす器用な性格をしていて、体の動きもロジックで考えるのでダンスやスポーツが上手いです。

機械的な思考回路なので淡々としていますが、言葉を操るのが上手いので人に説明するのも上手く、矛盾なく理路整然と語り、議論好きです。会話は貴重な情報源なので話し始めるとよくしゃべり、このタイプにとって口は特別な意味を持っています。

頭の中で自動的にロジックが展開し続けるので、座禅を組んで無の極地に至るのは困難なタイプで、この特徴のため、頭の中で堂々巡りに陥ると可能性の海で溺れノイローゼの危険がある数字でもあります。その問題解決のためにも自由に情報収集できる環境は必須で、このタイプにとって情報とは生きるために最も価値を持つものです。

そのため知りたいことに対しては積極的な情報ハンターで、新しい情報を求め続けますが、知識を吸収してしまうと目的は達成し熱が冷めてしまい、この行動が極端な場合は次々対象を変える飽きっぽい人に見られてしまいます。特に、恋愛でこれを繰り返すと軽く見られるので、ここは上手くやる必要があるでしょう。

回転し続ける頭脳は様々な可能性を生み出し、数え切れない可能性の海に生き、確かなものを見つけるため辻褄合わせを繰り返します。その可能性の中から新しいアイデア、新しい理論、新しい明日を生みだし続ける未来予想型で、意識は未来に向かっています。

そのため未来に関することに強く、様々な企画、リスク、最善の方法を考え出すのが得意です。情報処理能力が高いので情報を扱う分野に向いていて、システムを組むのも得意なのでIT業界にも向いていますが、インターネットの世界とはこのタイプの頭の中を現実化させたようなもので、情報のネットワークとは、このタイプの頭脳そのものです。

情報に執着するので人の言葉を重視しますが、世の中には嘘が多いので真偽の判断は難しく、これがこのタイプの悩みどころです。辻褄が合わないと納得せず、矛盾を見つけては追求し、その姿勢は学者的ですが、パラノイア的な面もあります。
posted by ひいらぎ at 15:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

自分の

こんばんは(^-^)

お久しぶりです。

自分の立ち位置を表明しておこうっと。
私は、
民主党は普天間以外は、
よくやっていると思っています。
新聞の隅に書いてある小さな記事の数々が、

こうなったらいいなあと感じていたことと同じ方向で、

小さく次々と決まっていっていることがわかるからです。

普天間問題は、
昔の大人たちの、
コミュニケーションの問題がかなり大きいと言えるような気がします。

日本の中で、
たくさんの犠牲の位置を受け入れてくださっている地域の方々への感謝の気持ちが、

ちゃんとわかるように伝えられていない。

それも全国規模で、
議論に載せて、
みんなで感謝するような形を作れていない。

前時代から引きずる日本の一部だけが犠牲になって、置き去りにされている存在の解決のあり方にたいする解決法が見いだされていないという問題が大きいと思います。

前時代のコミュニケーション能力の限界を突破できてないという部分が大きいと思います。

基地を受け入れてくださって生活されている皆様ありがとうございます。

そして、
私は、
小沢さんと鳩山さんは、
辞めればいいのに。
と思います。
小沢さんは流石に時代遅れに置き去りにされたように思います。
老害の域になっちゃったかなと感じます。
社会は、世界は、
思うより、激変してますからね。

お二人が辞めないと、

有権者側としては、
選挙で民主党に入れる理由が持てなくなります。

だって、
これで民主党が勝ったら、

選挙で承認されたって、

たくさんの問題をうやむやにするってことにされそうなんだもん。

うーん、
私は立ち上がれ日本にするかなあ。

与謝野さんのバランスは割と好きだから。

本当は民主党に入れてあげたいけど、

やっぱり、
あの小沢さんの姿勢はやだな。

って感覚がそう言うんだもの。

けっこう応援してたのに、
残念だわ。
posted by ひいらぎ at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

債権国の経済

こんにちは。

がんばっている皆さん。
未来を信頼して生きてくださいね。

能力は乗数で上がっていきますからね。
ある日突然、視界が開ける、そんな感じを体験する日が来ますよ。きっと。

最近の私は、
小さな小さな記事一つからも、いろんなことが入ってきて、
自分では制御できなくなってきています。

世の中にはちゃんと答えは、情報となっていつも回りに来てくれています。

正しく見る(まっすぐに、心を込めて見る)
正しく聞く(まっすぐに、心を込めて聞く)
ことをすれば、

だんだん見えてくるはずです。

見える化することで整理を助けますので、
使う目的がなくても面倒でも、

文章化する(メモ化する)とよいと思います。


この間書いた、4月17日の記事

http://siawasenanipponn.seesaa.net/article/146802926.html

この記事の中の

『黒字亡国』の著者、三国陽夫・三国事務所代表

のお話を聞くことができました。

本当に、何も考えずに、
気になると、(無料なら)気軽に申し込んでお話を聞きに行きます。

その時は、三国陽夫氏を目指しに行ったわけじゃないんですけど、
話を聞いて、感動!

(毎日感動することばかりで、感動力がますます柔軟に上がってます)

71歳くらいの方かな?
日本で最初の証券アナリストですって。

でも自分で投資をしたことはない。

原理原則で研究を追及していかれる学者肌の方でした。

経済には、債権国の経済学と、債務国の経済学がある。

とのことです。

日本の問題は、債権国になったのに、債務国の経済学のまま、
政策を行い続けている。

また、日本国民の多くの心が債務国の経済学から、
脱皮できないでいるところだ。

ということでした。

これは、私の長年の疑問。

「ニッポンは貿易黒字で、国民も勤勉で‥まじめで‥。
なのに、何で豊かな幸せと思えないの?
こんなに国中が暗いの?」
という疑問に答えてくれるものでした。

私は、為替が全てをおじゃんにすると思っていました。

国際ルールはうまくできていて、

努力して努力しても成長しても、
一人勝ちはできないように為替で調整されるようになっているから、

そんなにがんばらなくて、もっと国民が幸せに、
現実に生活している人が幸せになれるような、
楽チンな生活をしても政治をしても大丈夫だと思う。

という仮説を立てていました。

三国氏は為替のことはおっしゃっていませんでしたが、

まあ、つながることをおっしゃっていました。

例えば、日本人がまじめに質素堅実に輸出に励む。

アメリカに売る。

アメリカから代金を回収する。

ここで受け取った代金を日本国で使えば、
確かにニッポンは豊かになるのです。

が、そのお金は使わずに、ニッポンにためておいても仕方がないので、

また、アメリカの国債を買うとか、資本(お金)をアメリカに戻す。

こうなるとどうなるのか、

日銀が、市中にお金をジャブジャブにすると、
経済は、拡大して景気がよくなります。

それは経済学の基本でしょうね。(経済学を良く知らないので、私は自分の感性でだけ理解してますが‥)

それと同じ効果を、

日本の資本が入ることで、お金がアメリカに戻ることで、
アメリカのお金をジャブジャブにしてあげているということで、

結果的に、ニッポンは一生懸命働いて、経済上では稼いでいるはずなんだけど、
そのまま自分に入れないで、お金を買ってくれた国に戻すということで、

日本にお金は入らないわけです。

ニッポンのお金は増えないわけです。
(バランスシートには有るんですけど)

借りた金は返す。

か???

ナポレオン時代イギリスは、フランスに対して債権国なのに債務国の経済政策をして、

結局債権放棄してあげたそうです。

そのイギリスは、

戦後、アメリカに債権放棄してもらっているそうです。

ヨーロッパで、昔、

アメリカにたくさん輸出して、儲かっているはずなのに、
ヨーロッパの会社を、アメリカ資本が買っていく。

いったいこのお金はどこから出てくるんだろうと研究したことがあったそうです。

そしたら、なんと、

自分達が輸出して、その代金をまた、アメリカに投資していて、

そのお金が、また、ヨーロッパの会社を買うお金になっている事実を見つけたそうです。

その講演のメモが今手元にないので、ちゃんとしてことは書けませんが、

ヨーロッパもアメリカも債権国の経済政策を研究済みであること、

その後で、ニッポンが債権国になって、そしてそういう経験を積んでいない、研究もしていない。気づいてもいない状況があること。

そりゃ搾取しますわね。

返す気は、多分ないでしょうね。

ずっと、ニッポンがアメリカに勝つには、

「日本人の生活が幸せになること」

だと、直感的に思って信じ続けています。

議論で戦うエネルギーの無駄遣いはやめて、

即効力のある、簡単に済むことは簡単でも許せる、

楽チンで幸せなニッポンにしましょうよ。

そう思うのです。








posted by ひいらぎ at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

国の

こんばんは(^-^)

超高齢社会の新しい経済政策を、
独創的に考えるのが

課題先進国の重要なテーマです。

私は、
『裸の王様』の

「王様は裸だ〜」と思わず叫んでしまうような、

おばかな大人なんで、
世の中の常識にとらわれた考え方が、

なんでそんなことにとらわれるのかが、
わからなくて、
苦労をしている。

大前研一さんが、

ムダは経済拡大のチャンスだ

と言いました。

これをどのように捉える?

国中をお金がくるくる回る中で、

国にお金が入る方法を、
ちょいと変えれば良いのです。

欧米さんは、
狩猟民族で、
勝ち負けがついて、
欧米さんの国益になりやすいルール作りをします。

同じ土俵では、
分かち合いの精神を持つ日本人は、
厳しいものがあるのは、
仕方がないわけで、

闘わずして、
国民に利益を〜o(^▽^)o

それが智恵です。

やってみれば良いのです。

日本の何が問題?

国が貧乏。

国が借金まみれ。

じゃあ国にお金が入るように、

通り道を少し設計し直しましょう。

医療は、
医療機器や、
道具や、そういうものが高くて、
お医者さんの技術費がかなり安いから、
赤字になりやすい設計なの。

そういうのを変えるのは大変だから、

国の国策に関係して儲けやすい、
企業の税率を(国が決めればよい)

50%にすればよい。

談合はしてもよい。その代わり税率は45%

国と密接な関係法人で働く人は累進課税が、
一般より、
急激な角度で、
60%くらい取るようにする。

そしたら、
業種の性質により変えちゃえばよい。

入り口のルールで厳しくして、
経済を冷え込ませないで、

自由度は高いけど、

美味しい位置の人は税率を高くすることで(それでも儲けやすい所には人は引き寄せられるのです)
気づいたら三方良しになったりするのです。

あれは書いたっけ?
消費税10%にして、
生活基本消費税15万円還付税で、
毎年戻す。

そうすると、
管理の仕事も楽だし、

消費税の考え方(二重支払いも戻さないとか)を柔軟にして、
国にどんどんお金が入る仕組みにしたらきっと、
楽しい国になりますよo(^▽^)o
posted by ひいらぎ at 20:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

バタフライ

おはようございます(^-^)

田舎に帰ってきてます。
東洋経済のオール投資を読んでます。

中原圭介氏の
「ささいな情報がおカネに化ける」

『ドイツの世論調査から…。

「減税より財政再建」63%

ドイツはかつて破綻した経験を持つため財政に対する国民の目も厳しいのでしょう。
世論はいまだにギリシャに対する金融支援に反対しています。
支援するには相当な緊縮財政を求めることになりそう。
ただし厳しい緊縮財政は消費を冷え込ませ、景気を一層悪くします。
これは輸入減少につながります。
たとえば、
ギリシャ1カ国ならEUにおける経済規模は2〜3%ですが、
スペインやイタリアなどが加わればおおざっぱに30%程度になります。
EU内で各国の貿易が縮小すれば、
最終的にドイツの生命線である輸出の減少となって跳ね返り、
EU全体の停滞につながるでしょう。』
この十数年、
世界から日本の経済政策で口を出され続けてきた、

その環境にヨーロッパもアメリカも直面します。
アメリカは、
口と行動がバラバラにできる国益をまず優先するので、
(CDSの問題を危機に乗じて、なかったことにすること、すなわち国に利益がいく)

お上手にやれちゃうでしょうが、

EU全体の動き、
行動で、

いろんなことが、
検証できるような気がします。

アメリカはこの3月末で住宅ローン担保証券買い取り終了と4月末の住宅減税終了

その結果を学んでみましょうね。

経済はバタフライ効果が大きいから、

うまく対処してくださいね。
posted by ひいらぎ at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

いいかも

こんにちは晴れ

ツイッターいいかもexclamation

ふと思いついたときに、書き込める。

さらに、短い文で収めなければならないから、

私の余分なうだうだが、入らなくていいかも。

昨晩はビジネスサテライトを見た。

中国の自信を深めた急成長を特集していた。
おそらく40年前のニッポンに近いのでしょうね。

親の世代が味わっていた感覚を、
追体験しているように見入っていた。

別に、比べる必要はないと思う。

中国は、年収30万円の世帯が100万円になるそのダイナミックを味わっているそうだ。

考えてみてください。
年収100万円で、あそこまで自信を深めて、幸せを感じられる素直さ。

幸せはきっとそこにあるんだと思います。

ニッポンの苦境は為替だから、
そこをどうするかの、交渉力、戦略、いろんなものの構想力が、
指導者には絶対に必要だと思うんです。



この間、テレビで、フィンランドの特集をやっていた。

その実際の姿、質素で娯楽も外食もない、それでも幸せと誇りを感じている姿に、
その出演者たちはなんと言ったか、

あんな質素は耐えられないわ!

他国を誉めて、自国を卑下すると、
謙遜文化に沿っているようで、
自分が偉く立派に思えるかもしれないけれど、

この国の姿をまっすぐに見て、
在るものに感謝できたら、

多分、やっぱりニッポンはすごく素敵な国。

『2009年に発生した殺人事件(未遂を含む)は、前年比で15.4%減の1097件。戦後最少となった。』

この間のニュースです。

毎日の体感と比べてみてください。

感謝して、足るを知って、

目の前のことを、自分の現場に一所懸命に生きる。

自分はそうしようと思っています。

中国がこれからゆっくりでも為替を切り上げる。

ニッポンが弱まれば円安になる。

そのときにどんな幸せを引っ張ってこれるか?

そこが問われるような気がします。





posted by ひいらぎ at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よくわからない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。