2010年01月31日

成長

こんにちはわーい(嬉しい顔)

お元気ですか?

昨日も書きましたが、今日も書いてみよう。

とはいえ、頭がまったく働かない。
記憶力が、連続しないわけです。

もともとそういう人間だったので、慣れてますが、

こりゃひどい!!

レベルです。

あはは、これはね、どうも更年期障害ってやつらしいです。

みんなそうなるらしいです。
(必死で踏ん張る人は、多少はましでしょうけどね)

私、右右女ですけど、(だからひどいわけで)
左左女の、記憶力の塊のような人にも、

前の私よりはましな程度の記憶力の減退が起こるでしょうね。

そうすると、自分を責めるでしょうね。

責めないでね、

新しい自分で、新しい自分を受け入れて、
その自分にあったやり方を探しましょうね。

私はね、自分をますます無私できるようになりました。

人生は、

私自身のこのカラダ(筆)を使った、道具という絵の具を使った、

社会というキャンパスに絵を描くことだと、

カラダが勝手に納得して動いているようです。

勝手に動いているので、後から、その自分を信頼しなきゃって、
後手後手で、
自分を誉めて、満足するようにしてます。

自分が誉めても、誉めなくても、

カラダが勝手に自動操縦に入っちゃったので、
今の私に、自分を揺らがす感情は少なくなっています。

大好きなドラマも、
本当に子どものような心で、
毎日感動して、声を上げて笑ったりしています。
(他人から見ると、変な奴かも)


目の奥に、神経の通り道があります。(多分)
ここを緩めるのが笑顔。

笑顔は、神経の通り道を一度断ち切って、
張り詰めたストレスをいったんニュートラルにします。

だからいつも笑っていてはいけないけど、
ストレッチに、時々意識して笑顔になりましょう。

本当はパートナーを見つけて、笑い顔を見せあいっこがいいみたいです。

でも恥ずかしいから、鏡の前で一人で笑顔のストレッチをしましょうね。

目の体操を思いついたんだけど、

ごめんなさい。
これは、出会いの在った大切な幸せになってほしい人にしか教えない。

大好きな人には多少のひいきの形をつけないと、
寂しい気持ちになってしまうかもしれないから。

(あはは、誰でも思いつくような体操だけどね)

もう一個言うと、

目の奥の神経は、
第三の目のチャクラとつながっていて、

そしてそのチャクラは、
へその下の奥の丹田につながっている。
丹田にはフッキーさんが教えてくれた、
「真我」があるんだよ。

だから、目の奥の体操はした方が、

運がよくなるよ。

明日大好きな友達に会うので、
タイミングが合ったら教えようっと。

最近失語症なんで、(深いところに意識がいつも行っているので)

タイミングがなかなか合わないのです。

私の成長は、ほとんど変わっていないけど、

この5年間に思いついた数々が、ぶれなくなって、より
確実なものとなりつつあります。

年を取るって素敵だなあと、

たとえ更年期障害でも、

いい受け取り方ができるラッキーなおばさんになれたようです。

それではまたね。






posted by ひいらぎ at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

信頼

こんにちはわーい(嬉しい顔)

私は、実はね、今の民主党を信頼してます。

私自身の長年の懸念だった問題は、
なんだかんだとよい方向に動こうとしています。

そこがまず、信頼。

目先の目に見える問題はいろいろありますが、

なんだかんだといって、予算はすんなり通っているそうです。
(かんたん株式会社の佐々木さんのメルマガより)

小沢さんの金銭問題だって、

いい悪いじゃなくて、

私はもともと、表面に現れたモノだけを罰するニッポンのトカゲの尻尾きりのような風潮は嫌いです。

もともと政党助成金のように、国会議員の数で、金額が天と地ほど違っていた民主党が、

やっぱり政権交代ができたのは、

やっぱり小沢さんのお金を作り出す能力のおかげで、

政権交代ができた、今がプラスマイナスゼロの
出発地点だということ。

過去の悪さは、とりあえず裁かずに、
これからどうするかを整えることで、

日本が、ひとつ次元を超えた成熟国になればいいのに、
と思います。

自分に恥ずかしくない
生き方は、

この国では、大人になれないばか者扱いだったわけで、(私のこと)

でも、自分に恥ずかしくない生き方ができなきゃ幸せにはなれないよ)

いい国に向かいますように晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

それから、普天間問題は、

日本の新しい形の理想形の街づくりとセットにすればいいと思います。

軍基地は、地元の人にものすごい負担をかけます。

その代わり、受け入れてくださった、徳のある地域の人々には、
ものすごい予算をつけて、

ものすごく理想形の街づくりの実験特区にしてもらえることにすればいいと思います。

お金だけじゃなくてね。

経済的に自立するための、コンサルタントを、例えば東大の教授にしてもらえるとか、

授業も、国の相当たる学校の先生が、どんどん出張授業に来てくれるとか、

恵まれたい知の人しか味わえない、文化的な街づくりに、
寄り添う形で応援してもらえる甘え依存に陥らないような実験的な権利がもらえる。

と謳って、日本中から、立候補してもらえばいいと思います。


問題は批判しているばっかりじゃ解決しない。
問題に寄り添って、プラスをすることで解決することが一番根本的な解決方法だったりします。

雪道でスリップしたら、スリップしたほうにハンドルを一度切るようにね黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート黒ハート


posted by ひいらぎ at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑な

こんにちは。

ものすごい勢いで、私自身は、成長というか、変化しています。

それらは、今、仕事に向かっています。(たいしたことはないんですけど)

あんなに辞めたい辞めたいと騒いでいた仕事ですけど、

三回回ってワンの私。

いやだいやだときっぱり断っても、

三回引き止められると、あきらめるわね。


きっと、やっぱり運命だったのだろうなと思います。

そして、その職場に、ものすごい勢いで、

いろんなものが集まりつつあって、
ひそかにこの運を引き寄せているのは私だと信じ込んでいる。

いいでしょ?思い方は自由だもん。

まあ、どちらにしても長居をしようとは思っていないので、

いつもいつも、一期一会で、一所懸命に仕事をしています。

そうすると、みんながびっくりするような(周りの流れのリズムを飛び越えた提案と、資料の準備を差し出している)

私を嫌っている魔性の同僚が、

怒りが行き場所がなくなっちゃった。

それを心配している。

職場は、私の問題整理能力なくしては、立ち行かなくなるくらい、

私は信頼されて、どんどん仕事を増やしてもらって(それも楽な立ち居地で)

彼女は、仕事を手放さないで囲い込む性質のために、
どんどん、

都合のいい事務員の位置に自分からはまり込んでいて、

その差はどんどん開いていって、

かといって、それをどう解決したらいいかの糸口は、

彼女の心の頑なさのせいで、見えない。

だから、そのまま時間が過ぎて、

彼女自身も、多分心の中で途方にくれているんじゃないかな?

怒りがきっと違った形で現れてきている。

多分ね、違う信頼できる女性が入ってきてくれたら、
そこをうまくつないでくれる。

そういう能力のある人はなかなかいないから、

そういう人が現れるかどうか?

布石を打ちながら、この運を試している。

あまりに成長しすぎて、
言葉にするのがますます追いつきません。

ひとつだけ、

言葉は、右脳の思いの入れ物であることがわかりました。

相手の言葉の中に入っている、相手の思いを受け取る能力、
磨きましょうね。

入れ物と思い。
左脳と右脳の関係を使って、

感動(右脳)を理屈に落として(左脳)

道を作りましょう。





posted by ひいらぎ at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

こんにちは。

昨日は、テレビで、「スズキ」の鈴木会長?社長?

さんを見ました。

年齢を感じさせないしなやかさでした。

昨日感じたのは、

人には考え方の型があるのではないかと思いました。

何かが起きた時に、情報をどうピックアップし、

それを、どのように加工し、どのような判断をするか?

その型が出来上がったら、後は、
どこに行っても、何歳になっても変わらないのでしょうね。

鈴木さんは、本当にすごかった。

おそらく、本質をまず、探る。

この問題とつながることの本質のできるだけおくのポイントは何か?

そこに、今まで生きてきた、型が、作り上げた「モジュール」
がものをいってきます。


プログラミングをする人がおっしゃっていました。

仕事ごとに「モジュール化」したプログラムの型を用意しておく。

そして、汎用として使えるところには、それを入れる。
(省力)

それとおんなじです。

その型もできるだけ本質に近いシンプルだけを置いておくと、

時代の変化や場面の変化に対する、応用力の柔軟性が高まります。

応用は、縦の軸のヒントを掛け合わせることで物語をつむぎます。

自分は見えない。

成長しないと届かない世界がいっぱいあります。

さらに、自分の見えない世界に対して、
想像力が働いて、その見えない分を勘案して広げて考えられるか?

そこが推理力、仮説力、判断力、判断が間違っていたときの、変化への対応力の違いとなっていきます。

何にしろ、

他者を批判ばかりしていると、
それらは、凝り固まった柔軟性のないものを目指す結果となってしまいます。

点から面へ。

面というのは、凡庸性です。

情報を大きな空間のおぼろげなものとして受け取る器の大きさです。

奥の自分が、自分を滅私できるくらい、小さな自分を自己肯定できていたら、

そのおぼろげな大きさの面の中から、本質を面のつながりの中で、
ひらめけるようになります。

生きるとは「ある」を肯定することから始まります。

面で行くと、多少ずれていても、本質を巻き込んで進んでいけるので、
時間が過ぎた頃に、本質が納得になっていきます。

面とは、間違いを間違いのまんま受け入れる器の広さから広がります。
(ここぞというときは間違いを間違いという勇気が必要となります)


posted by ひいらぎ at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

デフレ

こんにちは(^-^)/

『日米欧
「物価目標」割れ続く

日本、デフレ直面で深刻』

今朝の記事です。

日本だけが特に深刻なのは?

二回目だから、
対処が早いわけです。

合理的な正しい行動をみんなが一斉に行ったら、
急激な需給ギャップに陥る
合成の誤謬

日本も前の時は、
ゆっくりデフレに向かった訳です。

経済は、
経済理論が結果として正しい訳じゃない。

二回目は、
有利かと思ってたけど、
立ち向かわない逃げの対処は、
速く悪くなるだけなんだね。

どうすればよくなるんだろうね。
悪いところ探しが得意な人たちさん(^-^)
posted by ひいらぎ at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

方法

相変わらず、

日本の未来が幸せだといいなあと考えています。

幸いなことに、
私は、
本当にフッキーさんとhareさんのおかげで、
どんどんまっすぐになって、

自分自身というもののかたちがどんどん小さくなっていて、

自分の周り360度、
本当に幸せな空気的ばかりを置けるようになって、

ますます幸せです。

日本の未来も、そんなに心配する必要はないのだと安心しきるようになりました。

本気が出たら、あっという間によくなる土台は固まりつつありますよ。

日本を幸せにする方法は、山のような数あります。

要は、どれを選ぶかですね。

答えをひとつに縛られると、

一番簡単な、庶民を犠牲にする方法が一番正しいとか
執着してしまいますよ。

日本を幸せにするには、為替を制すること。
この答えはずっと変わりません。

せっかくですから、数年前?に聞いた、大前研一さんの講演の言葉を
プレゼントしましょう。

ロシアがなぜ復活したのか(数年前のことです)

プーチンさんが(だったと思うけど)、税制を1割(だったと思うけど)
に下げた(下げたのは確かです)ら、

みんな、世の中に出すわけには行かない、(言葉で言うと形式知ではない暗黙知)お金がいっせいに世に出てきた。

隠したお金が日の目を見て、正々堂々と使えるようになって、
そのお金が、国中をぐるぐる回った。

からだ。

だそうです。

今は、カードの時代。

もしもできるのなら、
各国の為替で、決済できるような自分の決済の道を作り、

ものを買ったら、
そのときに一番有利な為替で決済する。

これは、企業でも使えますね。

多分、私は、今で十分幸せだから、
そういう努力はしないけど、

日本人の多くがそれをしてくれたら、
おこぼれがくるので、
それを待っています。

今年に入ってから、
日経新聞に「ニッポン復活の10年」
というインタビューが載っています。

よい記事かりです。

これをまとめて、それで、ニッポン復活の政策を設計する

だけでも、よいです。

ニッポンを幸せにする方法はいっぱいあります。

がちゃんと選んで、目標を立てて、実行する。

どんな方法であれ、
決める。選択する。

実行するしかないです。

元日銀総裁の福井さんの記事がよかった。
今日の伊藤さんの記事もよい。

あはは、ちゃんと読んでいないのに言えることではないのですが、
バランス感覚で勉強していると、ざっと見ただけでもわかるのです。
posted by ひいらぎ at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年をとる

おはようございます。


Seesaaのブログは、
アクセス解析がついていて、

どのブログが読まれているか、を見ることができる。

記事を書いていなくても、毎日読んでくださる方々がいて、

それも2005年の記事とか、
みんなどうやって探すんだろうと思うような記事を、
読んでくださっていて、

私には記憶力がないので、

ほほ〜こんなことを書いていたのか。

と自分で自分の記事を読んで、
悦に入ったりする。

本当にありがとうございます。

昔の私は、目立つのがいやだったので(自意識過剰なんですが)

わざと、わかる人にしかわからないように、ちょっとずらして
わかりにくく書いていた。

その私が、どんどんまっすぐになって行ったのは、
ふっきーさんと、hareさんのおかげです。

去年、彼らと距離を置きました。

仕事と家庭と未来リーグは、
何か返ってくるものがないと、むなしかったからです。

そうしたら、また二人のよい影響を与えてくれる人に出会いました。

私はなんと運がいいのでしょう。

私は、また半歩前に出ましたよ。

今年は、仕事をがんばることにしました。

私を最後に今の仕事に引き止めてくださった方は、
天皇陛下にご拝謁できちゃうような人です。

やっぱり、多分直感人間みたいで、
余分な仕事はしないで、
判断することで進む方でした。

最近は、時々雑談を聞けるようになりました。

彼の仕事は、
目標を立ち上げ、

キーマンを探し出し(その現場では、最後のキーマンになるのは率直である女性であることも多いらしい)、
(女性は率直なんで、納得すれば現場の常識をひょいと飛び越えることができる人がいる)

根気よく、説得し続ける。

一人だけで高い目標をぶち上げても、成功はしない。

そうお考えのようでした。

目立つアピールを良しとしない。
人みたいですけど、

けれども、その方は、きわめて常識人なんで、
私の変人を知ってもオッケーか?

そんなこんなの私です。

去年から老化が激しく、
30代の頃の、
一度にたくさんの問題を処理できる
右脳のマジックは消え去りました。

今はぶちぶっちって切れる、途切れ途切れの右脳人です。
おほほほほ手(チョキ)

新しい老化した自分としての生き方を、
探り始めてます。

年を取ったら、結局バランス力ですね。

仕事するしないではなく、
年を積み重ねる中で得てきた、
バランス力。
があるかないか。

そこがものを言うと思います。

そこができたら、
若さの中の優秀な能力の、そのバランスに合致する人を見つけ出し、
動く現場を差し出し、
そして認める。

そのことができるかどうかが問われていくのでしょう。

私のバランス力は、
多分いい感じだなあと思います。

なにぶん変人ですけどねわーい(嬉しい顔)

posted by ひいらぎ at 09:29| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

はあ〜〜。

こんばんは。

今日は久々に、けっこうちゃんと新聞を読みました。

私は、めったに人を嫌わないんだけどね、

一人だけ大嫌いな人がいてね、

2010年1月7日の日経新聞の経済教室に、論文を書いている。

頭はいいんだけどね、

いろんな結果を、自分に都合のよいように、
引っ張ってきて、組み立てるのが、かなりうまい。

2008年10月からの100年に一度の経済金融危機を、

大してGDPが減っていないから、実はたいしたことはなかったと書いている。

はあ〜〜?

あまりにもひどい状況だから、
かつてない、G20が一堂に会して、

協力体制を組んだから、
結果的に、なんとかGDPがそんなに減らないように食い止められたんじゃない。

今回アメリカとヨーロッパがやった政策は、

問題のあるCDSだったっけ、

あれを政府機関が買い取り、問題がなかったことにしたから、
(あれは保険だから、企業がつぶれなければ、レバレッジ何十倍で既存することなく、何とかなるわけです)

今、世界は、100年に一度の経済金融危機にもかかわらず、
1929年の大恐慌ほどひどい目にあわずに、今のところすんでいるわけですよ。

人類の智恵の結果ですよ。

結果がよかったから、たいしたことはないから騒ぎすぎ見たいな言い方は、
思いやりがぜんぜん感じられないな。(2003年の頃からそういう政治をする人です)

オーストラリアの政治がよい?

あそこは、資源がいっぱいあるわけで、
新興国が発展してくると、資源を使う人が増えて、
資源高になって、
まあまあの政治をしていたら、やっぱりこれからも楽な環境に生きる国、
というわけじゃない。

大変な環境で、智恵を絞って、
その国に住む最大数の人間ができるだけ幸せに豊かに暮らせるようにするのが、
本当のエリートのやるべきことで、

エリートの位置の人が勝ち抜けをするために動くのは、

頭のよさを使うのは、

お天道様は、

君はずるい人ですね。あまりほめたいとは思いませんね。

って、きっと言ってますよ。

まあ、死んでから行く世界で、自分がなんだったかわかることでしょうね。
 
posted by ひいらぎ at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

おめでとうございます(^-^)

新年明けましておめでとうございます(^-^)

先ほど駅で、
なんか異常に駅員さんの数が多いなあと
思ったら、

議員さんのご一行が新幹線に乗るらしく、
一般客は隅に寄せられてストップさせられました。

早めにホームに上がって良かった。

偉い人達かもしれないけど、

混雑する日に特別扱いに当たり前と思う気持ちが育ったら、
志がずれちゃいますよ。

お天道様は見てますからね(^-^)

仕組みを創るとは、
通り道を作って差し上げることなんだなあ。

例えば、
独創性を発揮したら、

その独創の入れ物の言葉を用意してあげないと、
周りの人に見えなくて、
わかっては貰えないね(^-^)

説明責任も、

ルール化を創り、
そして、
そのルールを説明しやすいように、
簡素化して単純化して、
削ぎ落とす。

日本人の庶民の私たちは、
その教育がされて来なかったのかもしれないね。

学校教育は別物として、

そういう訓練のディスカッションができるといいね(^-^)/

今年はちょっとエネルギーが出てきたよ。

勉強しようっと。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by ひいらぎ at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ありがとうございました(^-^)

こんばんは(^-^)

大晦日ですね。
久しぶりに紅白を見ています。

昭和の頃の、
自分の絶対は絶対だった頃の自分を

思い出しております。

いろんなことがあっても、
時折ムカついても、
私は人間が大好きです。

買い物に出て、
たくさんの人々を見ると、

なんか嬉しくなります。

私とは違う、
それぞれの人生。

みんなみんな、
がんばっているね。
みんなみんな、
幸せになるといいね。

うまく伝えられるかしら(^-^)

私ね、
自分以外に意識を飛ばして寄り添えるんだ。

歩きながら、すれ違う(袖摺り合う人に)

みんなみんな幸せになってねって気分で意識を飛ばすの。

そうすると、
私も幸せな気分だね。

生きているだけで、
素晴らしい。
生きているだけで、
十分。

って、
私は感じているんだ。

生きているだけ素晴らしいから、

そこに空の美しさを見たら、
ますます幸せ気分o(^▽^)o

何か優しくされたら、
もっと幸せo(^▽^)o
私は、
幸いなことに、

足し算思考なんだね。

人はみんな違うからみんな違ってみんないいと思うんだ。

違う考えの人は、
道を開けて通してあげればいいと思う。
戦ったって、

しばらく勝つだけで、
歴史はちゃんとあるべき方向に進むからさ。

ジタバタあがくより、
自分らしく自分の思うまんま、
まっすぐ生きられるといいね。

きっとよい方向に行くよ。

リチャード・クーさんは、
バランスシート不況のことだけ言っている訳じゃないの。

その国のリズムに、

陽の時代、
陰の時代

のリズムがある。

日本は、
ずっと陰の時代だったんだよ。

リズムが陽になったら、
なぜか明るくなっちゃうからさ。

信頼して、
自分を大切にして、
そして他人も道を開けて自由に尊重してあげられるといいね。

一年間、
どうもありがとうございました(^-^)

皆さんがもっと幸せ気分になれますように(^O^)
posted by ひいらぎ at 23:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

点と面

こんにちは。

最近、考えていることを書きます。
うまく書けるかな?

最近ね、
男の人は、
点(点のつながり)で情報を伝えるんじゃないかな?
と思うのです。

脳の特徴が右脳と左脳をつなぐ脳りょうが、細いから。
(細いからこそ、ポイントをずらすことが少ない。けれど、応用力が少ない)

そして、女の人は、

面(面のつながり面々面々…。そんな感じ。)

情報が太い面のままどどどどどと押し寄せていく感じ。

その面で伝えられても、男性には受け取りきれないので、
ポイントを絞れと批判する人続出。

男性社会の優位はそこにあるわけで、
その細さに入って来い。
そこを尊重できる女性が成功できるんだと思うのです。

女性はなんで、男性は、そんな足りない点のつくる細い情報にしろ。
それじゃあ、伝えたい現状は伝えられないでしょ?
女性のほうが問題の現場にまさにいることが多いですからね。

そう思うわけです。

時代が進化して、
複雑系の世の中になって、

社会の書類等も、相当無理が来ています。

伝えることに対して、相当無理がきています。

線の伝える情報では、たまたまその情報に遭遇して知っている人だけが得をする。

知らない人は損をする。
そういう時代になっています。

たくさんのみんなが、日本がよい国になってほしくて、
がんばっているのに、

なかなか目に見えてきません。



それがね、最近出会っちゃったんです。
言葉に。

これからは、
「線で伝えるのではなく、面で伝える。」

研究者の世界の言葉です。

あはは、ほらね。

線じゃ伝わりきれないでしょ。

女性も、男性の特徴から学ぶ。

男性も、女性の特徴から学ぶ。

それが一番いいのだなと最近思います。

でもね。違いを明らかにするから、
お互いを持って的確に尊重できる。

その持論は譲れないですわ。

女性の中でも、相当太く、脳の中を情報が、
どどどどどと動く私は、
最近脳の中で目を回しています。

老化はいやですね。

私も、ちょっとは抑えて調和を目指さないとね。

面で情報を伝えられるようになったら、

今度は、同時に移動で、
双方向の動きを同時に可能にする。

そこを目指してくださいね。



posted by ひいらぎ at 12:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

自主自立

こんにちは。

年末だから、たまには書こうかな?
今日もちょっと元気が無いんだけどね。

日本以外の多くの国は、
(日本はなんだかんだと明治維新に成功しちゃって、
日清戦争や、日露戦争に勝っちゃって、独立国で来たわけで、)

欧米の国の傘下で歴史を過ごしてきている。

だから、日本以外の多くの国は、

欧米の成功の法則やコミュニケーションのルールの中で、
歴史を過ごしており、

アジアと言っても、南米と言っても、
アフリカと言っても、

欧米の文化が入り込んだ中で、歴史を過ごしてきている。

日本の文化は、今、ガラパコス化と言って、
日本に1億2千万人もの国民がいて1400兆円もの金融資産を持っているので、

日本だけで、マーケット、経済が実は何とかなっちゃっているから、
世界の文化に合わせようとしないから、

技術が進化しても、
取り残されてしまっているとマスコミに叩かれている。

まず、情報を整理しましょうか?

日本の最大限の問題は、
日本のマスコミの蓋となっている文化が、

戦後のGHQのメディア制御(PTA会報にまで口を出したそうです)
が文化となって、

人の悪口、悪いとこ探しだけが許される自由となってしまった、
日本の欠点探しが隅々にまで浸透していることです。

そこをそこに侵食された情報の中に育ってきた自分の見えている目を、

その侵食の外に、えいって、飛び出すことができますか?

とにかく、何でも、機械的に、ひっくり返しちゃえばいいわけです。

ガラパコス?

何が悪い?

日本の中だけで、何とかなっちゃうのが悪い?

何が悪い。

じゃあー、そこをめちゃめちゃ伸ばしちゃいましょう。

そうやると、

問題の打開や、否定的にしか生きられない悲観的な侵食の文化を

えい!って、飛び出させることができちゃうわけです。

日本の国債が800兆円。

でも、それはギリシャやアメリカとは違うわけですねえ。

日本の銀行が、国債を買いたくってしょうがない。
リスクがないから。
日本のお金で変える範囲内だから。
(ギリシャやアメリカは世界に助けてもらわないととんでもないことになるのです)
(お金はお金の行き場が必要なんですね。
お金の行き場を整備してあげると言う仕組みのデザインが必要なんです)

国債のことも、世界の文化でいうと、日本は過去にものすごく格下げをされましたが、
何の変化もしてなくてもっと悪くなったのに、
また格上げされました。

そのことの意味を考えてみてくださいね。

日本の文化は、欧米の文化では計れないのです。

それと同じに、日本の株式市場も、
グローバルスタンダードと言って、世界の文化に合わせようと、
無理するから、

悪くなくても、どんどん下がる。
欧米のプロの機関投資家さん方に、値段を自由気ままにコントロールされている。(狩猟民族には簡単なんです。先物と組み合わせるのです)

日本の株も、日本の国債のように、日本の文化の言葉でグランドデザインを書けばいい。

日本にも、年金があります。

年金の3/4を日本の株に買います。

って、言って御覧なさい。

日本の国債と同じように。

日本の文化の言語となって、

たちまち値段が上がるしかない代物となります。
なぜなら、株価の下支えになるからです。
そうすると、個人のお金も寄ってきます。

日本の会社を日本のお金で守る。

そのことはできるのです。
デザインはできるのです。
賢くなあれ。


日本人が幸せになれる、日本人に役に立つ言葉で語る。

日本のガラパコス化は、

日本が、自主自立で無血の大政奉還で、歴史の革新を成功させたからです。

日本の文化の言語のまま、日本人に役にたつ日本語で、
経済も政治も全部語って設計したからです。

そのことを誇りに思って、自分の誇りを伸ばしましょう。


まず、自主自立で自分の国を守って、

国民を幸せにしてから、その次に世界の人たちの仲良くして、
友愛の日本人の文化で、世界の人に影響を与えて、
みんなが幸せな世界になれるよう努力をしましょう。

頼みましたよ。







posted by ひいらぎ at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

受け取る次第

お久しぶりです。

私は、新しい自分の領域に進んでいます。

カラダが、それについていけなくて、
また、更年期障害も重なって、

頭の中がくるくる回ってます。
めまいと言うんですね。

それを。

まあ、どうしようもないから、
その新しい自分のまんま、自分を大切にする気持ちだけは
持って、

生きていきたいと思います。

数年前に能力のふたを取れ、とフッキーさんとhareさんに、

背中を押されて、
その頃から、新しい領域に入っていったと思います。

糸の切れた凧状態。

手放し運転。

まあ、普通はそこには行かないですね。
特に怖がりの女性なら…。

それが行っちゃったんですよね。
何も考えず。

それで、カラダがついていけなくて、
地に足が着けなくて、

フラフラしています。

来年は、またちゃんと生きてみようかな?
と少しだけ思いますが、
成り行きに任せて生きているので、
それもどうかわからないです。

この間、とても面白い話を聞きました。

相変わらず、めちゃめちゃ運がよくて、
必要な情報が必要なときに降って来ます。

心臓は、全身に感動とか感情も
くまなく平等に届けているそうです。

リズムに乗って。

そして各パーツが、そのパーツなりに受け取って、
自分のかかわりをするそうです。

言葉は受け取る人が受け取りたいように受け取っていると、
考えてきましたが、

やっぱりそうだったのですね。

もう、普通では聞けないいろんな情報が降ってきて、

やっぱり手放しで自由にならなければ受け取りきれません。
(多分情報に欲張りなんです)

それで、目を回していたら、
世話ないんですけどね。

日本はいろんなところから、自由になりつつありますね。

書ききれないほどのいろんなことが心に詰まってます。
元気です。

めまいは新しい状態を楽しむって感じです。




posted by ひいらぎ at 12:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

活用

お久しぶりです(^-^)

昨日、
ある講演会に行ってきた。

高齢者の方がたくさん出席される
講演会でした。

内容は、
日本の高齢者を始めとして、
ますます新しい領域の豊かと幸せを得ることができるであろう技術を教えていただきました(^O^)

日本は、
目に見える世界は、
未来が不安でうまく行っていないように見えますが、

実際は、
多くの人々が、
文化的な学びを積み上げて行って、

ものすごく豊かになっているのじゃないかなと思いました。

やっぱり、
やることは、

持たぬ位置にいらっしゃる人たちを、
持てるように寄り添い押し上げる応援の政策だね。


金曜日の夕刊。

トップアスリートの都内の公立小中学校への派遣が書かれている。

子ども時代に、

目をきらきら輝かせた一流の特技を持った人に会う機会。

全ての

子どもたちにもたらされますように(^-^)

幸せにはなれると思う。

考え方を進化させる。

がんばろうね('-^*)/
posted by ひいらぎ at 15:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 応援してます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

高速道路無料化

朝、NHKで高速道路無料化の討論を見た。

提唱者の山崎養世氏が出演されていた。

実は、私には、高速道路無料化については、よくわからなかった。

ただにする必要はないのではないか?となんとなく思っていた。

ただになったら当たり前になってしまって、経済としてなかったことになってしまう世界がある。

そうなって、負担だけが増えるのではないか?

と心配していた。


でも、山崎氏の話を聞いて、なんとなく納得した。

世の中には、その面のオタクのような専門家がいらっしゃる。
(オタクは尊敬語です)

そういう専門家は、現場としての目で、よい全体像としての設計図をもっておられる。

ただし、現場の智恵は、言葉にならない暗黙知の言葉と言葉の空間地にあるところに、まさしくの答えがある。

そこを見出すのは、他人には難しい。

職人芸としての答えがある。

それを引き出せるかが、人間が進歩する上での能力で、

日本人はそれが得意?不得意?

能力のある人ならできる職人芸に任せられる?

そこが問われる。

地方を活性化するための、高速道路無料化を選ぶなら、

混雑しそうなところは有料化する、柔軟性と意志の強さが必要となる。

日本社会は、交通インフラの整った20%(だったかな?)の都市と、
車に頼るしかない80%の地方とでできている。

これから超高齢化社会に向かっていく日本で、

地方の車社会を便利に使いやすくして、浮いたお金で家計を豊かにする政策は、とても重要だとは思う。

けれども、山崎氏も言及していたけれど、

交通難民になっていく高齢者の足の確保の交通インフラをどう設計するかもとてもとても重要。

交通インフラにも、ちゃんとオタクな専門能力の高い設計能力のある人がいる、先週お会いした。(拝見したといったほうが正しい)

世の中にいる人の能力を、他人ではわからない空間にある本当の智恵を生かせる日本になって欲しいです。

よろしくお願いします晴れ

posted by ひいらぎ at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。