2010年01月04日

おめでとうございます(^-^)

新年明けましておめでとうございます(^-^)

先ほど駅で、
なんか異常に駅員さんの数が多いなあと
思ったら、

議員さんのご一行が新幹線に乗るらしく、
一般客は隅に寄せられてストップさせられました。

早めにホームに上がって良かった。

偉い人達かもしれないけど、

混雑する日に特別扱いに当たり前と思う気持ちが育ったら、
志がずれちゃいますよ。

お天道様は見てますからね(^-^)

仕組みを創るとは、
通り道を作って差し上げることなんだなあ。

例えば、
独創性を発揮したら、

その独創の入れ物の言葉を用意してあげないと、
周りの人に見えなくて、
わかっては貰えないね(^-^)

説明責任も、

ルール化を創り、
そして、
そのルールを説明しやすいように、
簡素化して単純化して、
削ぎ落とす。

日本人の庶民の私たちは、
その教育がされて来なかったのかもしれないね。

学校教育は別物として、

そういう訓練のディスカッションができるといいね(^-^)/

今年はちょっとエネルギーが出てきたよ。

勉強しようっと。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
posted by ひいらぎ at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ありがとうございました(^-^)

こんばんは(^-^)

大晦日ですね。
久しぶりに紅白を見ています。

昭和の頃の、
自分の絶対は絶対だった頃の自分を

思い出しております。

いろんなことがあっても、
時折ムカついても、
私は人間が大好きです。

買い物に出て、
たくさんの人々を見ると、

なんか嬉しくなります。

私とは違う、
それぞれの人生。

みんなみんな、
がんばっているね。
みんなみんな、
幸せになるといいね。

うまく伝えられるかしら(^-^)

私ね、
自分以外に意識を飛ばして寄り添えるんだ。

歩きながら、すれ違う(袖摺り合う人に)

みんなみんな幸せになってねって気分で意識を飛ばすの。

そうすると、
私も幸せな気分だね。

生きているだけで、
素晴らしい。
生きているだけで、
十分。

って、
私は感じているんだ。

生きているだけ素晴らしいから、

そこに空の美しさを見たら、
ますます幸せ気分o(^▽^)o

何か優しくされたら、
もっと幸せo(^▽^)o
私は、
幸いなことに、

足し算思考なんだね。

人はみんな違うからみんな違ってみんないいと思うんだ。

違う考えの人は、
道を開けて通してあげればいいと思う。
戦ったって、

しばらく勝つだけで、
歴史はちゃんとあるべき方向に進むからさ。

ジタバタあがくより、
自分らしく自分の思うまんま、
まっすぐ生きられるといいね。

きっとよい方向に行くよ。

リチャード・クーさんは、
バランスシート不況のことだけ言っている訳じゃないの。

その国のリズムに、

陽の時代、
陰の時代

のリズムがある。

日本は、
ずっと陰の時代だったんだよ。

リズムが陽になったら、
なぜか明るくなっちゃうからさ。

信頼して、
自分を大切にして、
そして他人も道を開けて自由に尊重してあげられるといいね。

一年間、
どうもありがとうございました(^-^)

皆さんがもっと幸せ気分になれますように(^O^)
posted by ひいらぎ at 23:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

点と面

こんにちは。

最近、考えていることを書きます。
うまく書けるかな?

最近ね、
男の人は、
点(点のつながり)で情報を伝えるんじゃないかな?
と思うのです。

脳の特徴が右脳と左脳をつなぐ脳りょうが、細いから。
(細いからこそ、ポイントをずらすことが少ない。けれど、応用力が少ない)

そして、女の人は、

面(面のつながり面々面々…。そんな感じ。)

情報が太い面のままどどどどどと押し寄せていく感じ。

その面で伝えられても、男性には受け取りきれないので、
ポイントを絞れと批判する人続出。

男性社会の優位はそこにあるわけで、
その細さに入って来い。
そこを尊重できる女性が成功できるんだと思うのです。

女性はなんで、男性は、そんな足りない点のつくる細い情報にしろ。
それじゃあ、伝えたい現状は伝えられないでしょ?
女性のほうが問題の現場にまさにいることが多いですからね。

そう思うわけです。

時代が進化して、
複雑系の世の中になって、

社会の書類等も、相当無理が来ています。

伝えることに対して、相当無理がきています。

線の伝える情報では、たまたまその情報に遭遇して知っている人だけが得をする。

知らない人は損をする。
そういう時代になっています。

たくさんのみんなが、日本がよい国になってほしくて、
がんばっているのに、

なかなか目に見えてきません。



それがね、最近出会っちゃったんです。
言葉に。

これからは、
「線で伝えるのではなく、面で伝える。」

研究者の世界の言葉です。

あはは、ほらね。

線じゃ伝わりきれないでしょ。

女性も、男性の特徴から学ぶ。

男性も、女性の特徴から学ぶ。

それが一番いいのだなと最近思います。

でもね。違いを明らかにするから、
お互いを持って的確に尊重できる。

その持論は譲れないですわ。

女性の中でも、相当太く、脳の中を情報が、
どどどどどと動く私は、
最近脳の中で目を回しています。

老化はいやですね。

私も、ちょっとは抑えて調和を目指さないとね。

面で情報を伝えられるようになったら、

今度は、同時に移動で、
双方向の動きを同時に可能にする。

そこを目指してくださいね。



posted by ひいらぎ at 12:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

自主自立

こんにちは。

年末だから、たまには書こうかな?
今日もちょっと元気が無いんだけどね。

日本以外の多くの国は、
(日本はなんだかんだと明治維新に成功しちゃって、
日清戦争や、日露戦争に勝っちゃって、独立国で来たわけで、)

欧米の国の傘下で歴史を過ごしてきている。

だから、日本以外の多くの国は、

欧米の成功の法則やコミュニケーションのルールの中で、
歴史を過ごしており、

アジアと言っても、南米と言っても、
アフリカと言っても、

欧米の文化が入り込んだ中で、歴史を過ごしてきている。

日本の文化は、今、ガラパコス化と言って、
日本に1億2千万人もの国民がいて1400兆円もの金融資産を持っているので、

日本だけで、マーケット、経済が実は何とかなっちゃっているから、
世界の文化に合わせようとしないから、

技術が進化しても、
取り残されてしまっているとマスコミに叩かれている。

まず、情報を整理しましょうか?

日本の最大限の問題は、
日本のマスコミの蓋となっている文化が、

戦後のGHQのメディア制御(PTA会報にまで口を出したそうです)
が文化となって、

人の悪口、悪いとこ探しだけが許される自由となってしまった、
日本の欠点探しが隅々にまで浸透していることです。

そこをそこに侵食された情報の中に育ってきた自分の見えている目を、

その侵食の外に、えいって、飛び出すことができますか?

とにかく、何でも、機械的に、ひっくり返しちゃえばいいわけです。

ガラパコス?

何が悪い?

日本の中だけで、何とかなっちゃうのが悪い?

何が悪い。

じゃあー、そこをめちゃめちゃ伸ばしちゃいましょう。

そうやると、

問題の打開や、否定的にしか生きられない悲観的な侵食の文化を

えい!って、飛び出させることができちゃうわけです。

日本の国債が800兆円。

でも、それはギリシャやアメリカとは違うわけですねえ。

日本の銀行が、国債を買いたくってしょうがない。
リスクがないから。
日本のお金で変える範囲内だから。
(ギリシャやアメリカは世界に助けてもらわないととんでもないことになるのです)
(お金はお金の行き場が必要なんですね。
お金の行き場を整備してあげると言う仕組みのデザインが必要なんです)

国債のことも、世界の文化でいうと、日本は過去にものすごく格下げをされましたが、
何の変化もしてなくてもっと悪くなったのに、
また格上げされました。

そのことの意味を考えてみてくださいね。

日本の文化は、欧米の文化では計れないのです。

それと同じに、日本の株式市場も、
グローバルスタンダードと言って、世界の文化に合わせようと、
無理するから、

悪くなくても、どんどん下がる。
欧米のプロの機関投資家さん方に、値段を自由気ままにコントロールされている。(狩猟民族には簡単なんです。先物と組み合わせるのです)

日本の株も、日本の国債のように、日本の文化の言葉でグランドデザインを書けばいい。

日本にも、年金があります。

年金の3/4を日本の株に買います。

って、言って御覧なさい。

日本の国債と同じように。

日本の文化の言語となって、

たちまち値段が上がるしかない代物となります。
なぜなら、株価の下支えになるからです。
そうすると、個人のお金も寄ってきます。

日本の会社を日本のお金で守る。

そのことはできるのです。
デザインはできるのです。
賢くなあれ。


日本人が幸せになれる、日本人に役に立つ言葉で語る。

日本のガラパコス化は、

日本が、自主自立で無血の大政奉還で、歴史の革新を成功させたからです。

日本の文化の言語のまま、日本人に役にたつ日本語で、
経済も政治も全部語って設計したからです。

そのことを誇りに思って、自分の誇りを伸ばしましょう。


まず、自主自立で自分の国を守って、

国民を幸せにしてから、その次に世界の人たちの仲良くして、
友愛の日本人の文化で、世界の人に影響を与えて、
みんなが幸せな世界になれるよう努力をしましょう。

頼みましたよ。







posted by ひいらぎ at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済問題大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

受け取る次第

お久しぶりです。

私は、新しい自分の領域に進んでいます。

カラダが、それについていけなくて、
また、更年期障害も重なって、

頭の中がくるくる回ってます。
めまいと言うんですね。

それを。

まあ、どうしようもないから、
その新しい自分のまんま、自分を大切にする気持ちだけは
持って、

生きていきたいと思います。

数年前に能力のふたを取れ、とフッキーさんとhareさんに、

背中を押されて、
その頃から、新しい領域に入っていったと思います。

糸の切れた凧状態。

手放し運転。

まあ、普通はそこには行かないですね。
特に怖がりの女性なら…。

それが行っちゃったんですよね。
何も考えず。

それで、カラダがついていけなくて、
地に足が着けなくて、

フラフラしています。

来年は、またちゃんと生きてみようかな?
と少しだけ思いますが、
成り行きに任せて生きているので、
それもどうかわからないです。

この間、とても面白い話を聞きました。

相変わらず、めちゃめちゃ運がよくて、
必要な情報が必要なときに降って来ます。

心臓は、全身に感動とか感情も
くまなく平等に届けているそうです。

リズムに乗って。

そして各パーツが、そのパーツなりに受け取って、
自分のかかわりをするそうです。

言葉は受け取る人が受け取りたいように受け取っていると、
考えてきましたが、

やっぱりそうだったのですね。

もう、普通では聞けないいろんな情報が降ってきて、

やっぱり手放しで自由にならなければ受け取りきれません。
(多分情報に欲張りなんです)

それで、目を回していたら、
世話ないんですけどね。

日本はいろんなところから、自由になりつつありますね。

書ききれないほどのいろんなことが心に詰まってます。
元気です。

めまいは新しい状態を楽しむって感じです。




posted by ひいらぎ at 12:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

活用

お久しぶりです(^-^)

昨日、
ある講演会に行ってきた。

高齢者の方がたくさん出席される
講演会でした。

内容は、
日本の高齢者を始めとして、
ますます新しい領域の豊かと幸せを得ることができるであろう技術を教えていただきました(^O^)

日本は、
目に見える世界は、
未来が不安でうまく行っていないように見えますが、

実際は、
多くの人々が、
文化的な学びを積み上げて行って、

ものすごく豊かになっているのじゃないかなと思いました。

やっぱり、
やることは、

持たぬ位置にいらっしゃる人たちを、
持てるように寄り添い押し上げる応援の政策だね。


金曜日の夕刊。

トップアスリートの都内の公立小中学校への派遣が書かれている。

子ども時代に、

目をきらきら輝かせた一流の特技を持った人に会う機会。

全ての

子どもたちにもたらされますように(^-^)

幸せにはなれると思う。

考え方を進化させる。

がんばろうね('-^*)/
posted by ひいらぎ at 15:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 応援してます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

高速道路無料化

朝、NHKで高速道路無料化の討論を見た。

提唱者の山崎養世氏が出演されていた。

実は、私には、高速道路無料化については、よくわからなかった。

ただにする必要はないのではないか?となんとなく思っていた。

ただになったら当たり前になってしまって、経済としてなかったことになってしまう世界がある。

そうなって、負担だけが増えるのではないか?

と心配していた。


でも、山崎氏の話を聞いて、なんとなく納得した。

世の中には、その面のオタクのような専門家がいらっしゃる。
(オタクは尊敬語です)

そういう専門家は、現場としての目で、よい全体像としての設計図をもっておられる。

ただし、現場の智恵は、言葉にならない暗黙知の言葉と言葉の空間地にあるところに、まさしくの答えがある。

そこを見出すのは、他人には難しい。

職人芸としての答えがある。

それを引き出せるかが、人間が進歩する上での能力で、

日本人はそれが得意?不得意?

能力のある人ならできる職人芸に任せられる?

そこが問われる。

地方を活性化するための、高速道路無料化を選ぶなら、

混雑しそうなところは有料化する、柔軟性と意志の強さが必要となる。

日本社会は、交通インフラの整った20%(だったかな?)の都市と、
車に頼るしかない80%の地方とでできている。

これから超高齢化社会に向かっていく日本で、

地方の車社会を便利に使いやすくして、浮いたお金で家計を豊かにする政策は、とても重要だとは思う。

けれども、山崎氏も言及していたけれど、

交通難民になっていく高齢者の足の確保の交通インフラをどう設計するかもとてもとても重要。

交通インフラにも、ちゃんとオタクな専門能力の高い設計能力のある人がいる、先週お会いした。(拝見したといったほうが正しい)

世の中にいる人の能力を、他人ではわからない空間にある本当の智恵を生かせる日本になって欲しいです。

よろしくお願いします晴れ

posted by ひいらぎ at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

元気がない

今日は、
元気がありません。
はづき虹英さんは、
「お金は意識の増幅装置」

と書いておられます。

私にとって、
お金は愛の体現です。
(人生は思いたいように思えばよい。
なりたい私になればよいと信じてます)

お金を丁寧に大切に扱わない人たちに傷ついて、

駅で座ってます。

動けない…。

大阪知事が、
民主党を批判しました。
国債を発行するって。

今年の税収は非常事態なのに、
そこを考慮できない視野の狭さに傷つきました。

お金を作り出す気概のない人たちの言いそうなことです。

当事者にならなければ見えてこないことがある。

指導者なら、
当事者になる前に、
先にわかるくらいの大きさが欲しい。


社会の成り立ちで、「お金をいただく」ってすごいことなのに、
その凄さに気づかないで、

粗末な扱いをする人たちに傷つきました。

他人様の人生に口を挟むわけじゃないけれど、

感謝の心があったらそんな失敗しないだろうなという、

失敗の後始末をして、
そのお金をいただいた方への申し訳なさに、
いろんなことが飛び込んできて、
傷ついて
駅で動けなくなってしまったわけです。
辛いときは辛いと言って、
吐き出して、
また元気になります。

心を込めた仕事がしたい、生き方がしたいと言うのは、
自己満足ですから、それはわかってます。
それが素直にできることこそ贅沢なことです。
わがままなことです。
今日は落ち込ませてね。
最近ますます素直になれたんです(^-^)


私はお金さんが大好きです。
民主党さん、
感謝して国債を発行すれば、
お金さんはきっと応えてくださいますよ。

本物のエリートとは、
足し算です。
価値を生むのは足し算です。
さっ、
吐き出して元気になるぞ!
posted by ひいらぎ at 19:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

問題解決へ

NHKの朝の連続小説

「つばさ」

が終わった。


最近のドラマの中では、

私にとっては、

いち押しでした。

毎朝楽しみに楽しみにしていた。

土曜日でさえ、そのために早起きをした(^-^)

Yahoo!ニュースでは、
一番低視聴率だったって出てたけど、

多分テーマが視聴率を出すには新し過ぎたのだと思う。

テレビをあまり見ない、

私たちの世代がターゲットだったから。

自分と同じ世代が、
時代として抱えてきた内包する問題を

ようやく解決し解放する道筋が
描かれていた。

つながる。
明らかにする。
感じきる。
羽ばたく。

だから「つばさ」


同じ世代の人達〜。

ものすごくお勧めですよ〜〜〜〜〜〜〜!!


声を大にしてお伝えしたい!!


オンデマンドや
DVDで、

是非見てくださいね〜〜〜〜〜〜(^O^)


私は朝から感動で泣いてましたよ〜〜〜〜〜(^O^)
posted by ひいらぎ at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい生き方の模索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何とつながる

先週のサンデープロジェクト、

ワンピースを見て、たまたまチャンネルを変えたら、

なんとリチャード・クーさんが出ていたので、
嬉しくてそのまま見た。

民主党の新しい大臣は、
ちゃんと勉強されているので、わかりやすいし、なんか希望が持てる。

ただし、金融に関しては、
経済のダイナミズム、
複式簿記のバランス・シート(貸借対照表)がつながる厚みのある多次元の世界については、

真面目に勉強した経済学の優等生は、
勉強だけではその厚みについていけない。(次元をまたぐ視野の広さというか芸術は爆発だが必要です)

欧米の経済学の主流の二枚舌の、
彼らに利のある正しさに、善悪が騙くらかされている。

と実は感性で生きている私はそう思う。

亀井大臣は、

確かに古い体質を引きずっているかもしれないけど、

ただし、その古さが日本の国民の利のあることに結びつける可能性は、

騙くらかされている薄っぺらな優等生より大きい。

リチャード・クーさんが、
時折、
亀井大臣の話の中のそのポイントとつながる位置とつながって、

そこにきちんと反応していた(世の中の大勢は薄っぺらい優等生なんで拒否している)。

私は、
リチャード・クーさんのレポートをずっと読んでいるし、

課題や仮説を持って、経済や金融を見てきたので、そこに反応するわけです。

亀井大臣のモラトリアムは、
実は、

通常の中小企業への無利子の貸し出し保証の政策とどう違うのかわからないけど、

経済危機には、
論理を持って、
いかに甘くできるかを達成できた国から景気回復するわけだから、

智恵を加えて、
日本の経済を後押ししてくださいね。

亀井大臣の評価は私にはよくわからないです。
ただ、経済の感性は、故小渕首相に匹敵するような気がします(^-^)

みんなからいじめ抜かれて暴走して失脚しないでね。

言葉を持った、
広報の助っ人を持つことお勧めしま〜す。
posted by ひいらぎ at 14:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

責めないで!!

「キライ隠すため笑う…」中3男子が遺書残し自殺 北海道・夕張

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090928/crm0909282252036-n1.htm

痛ましい。

ご冥福をお祈りします。


うちの子が、中1くらいのときに、

「野ブタをプロデュース。」

という、亀梨君のドラマがやっていた。

あの野ブタの主人公は、

学校でまったく自分を出さないで、周りに合わせていい子ぶりっ子をする青年だった。

あのドラマを見て、うちの子も、

僕もそうだよ。

と言った。

今時の子は、とても繊細で優秀だから、

自分というものをものすごく、リアルに丁寧にわかっていて、

人間というものは、簡単な生き物じゃないから、
丁寧に感じるほど、苦しくなる。

のだと思う。

息子に、「ダメ母」としか思ってもらえない私は、

だけど、息子に気楽さを与えていると思う。
親がダメすぎるから、自分でやるしかない。


と、そう思うそうだ。

息子には、

人生は年を取れば取るほど楽になるからね〜。
と伝えている。

「母さんは特別だよ。ぶっ飛びすぎている」
と言われている。
「参考にならない」と言われている。

思春期の男の子は特に、自分を責め、自分を嫌いになるそうだ。

絶対に出さないけどね。

息子は私の言葉をまっすぐには受け入れてくれないから、

息子の友達に、高校入学のお祝いの言葉を送った。(前に書いたよね)

「思春期の男の子と言うものは、自分を責め、自分を嫌いで、自分に自信が持てないものだそうだよ。
そういうものなんだから、そういう自分気にしないで、
思いっきり自分らしく生きてね」

(ちょっと文は忘れた)

そうしたら、
「まさしく自分に自信が持てない責めてます。自分らしく生きますね」
ってお返事が来た。(文はちょっと忘れた)

なんといい青年だろう。

どうか、社会の皆さん、

思春期の子供達に、

自信がもてない、自分せめて責めてしまいがち。演技してしまう。

当たり前だと伝えてあげてくださいね。

人生は年を取れば取るほど、楽になるよ。

おばさんパワーは超、超、超幸せなんだよ。

おじさんパワーも幸せになってね〜。





posted by ひいらぎ at 12:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供・教育等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

恐れ

最近、
とても嬉しいことがたくさんあって、

心を少しずつ開いて、
甘えを出し始めたり、
こわごわ、前に進んだりしていた。

でも、
そうすると、

過去に、隠れて言われた傷つく言葉が、脳裏に浮かんできて、

恐れがピークになってきた。

恐がる蓋をとって生きるのは、
とても穏やかで、
満ち足りて、
幸せだけれども、

この厳しい評価ばかりくだそうとする社会において、

この変人(自分らしく生きずにはいられない人間)が、

自分を開放して自由に生きるのは怖いね。

恐れがピークに達すると、
何をがんばって生きればよいのかわからなくなる。

せめて、
自分だけは、
人を傷つける言葉は言わないようにしようっと。

せめて自分だけは、
人を裏切らないで生きる努力をしよう。

今の恐れは、自分の生きる方向をハッキリさせてくれているのかもしれないね。
posted by ひいらぎ at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

時給

こんばんは(^-^)

私は田舎人なんで、けっこう周りが安い給料だったんで、

金銭感覚は、
単価が低い。

女性の結婚後は、
パート、

という感覚の世界で生きてきたから、

正でいただける給料は、
わりといくらであっても、
パートで働く友人らに申し訳ないくらいにたくさんいただいていると感謝している。
(が最近は給料の高い男の人と比べて、そんなに仕事ちがうか?という気持ちになるときもある。)
でもね、
国営企業じゃないんだから、
民間の営利企業の経営や財務が継続していけなければ、

結局は、社会も国民も立ち行かなくなるわけだから、

安月給(安価な人件費)を責められない部分もある。

要は、
多分、世界と対峙するときの、

為替や人件費や、
会社を継続させるための経費とかのバランスをどうするか?
が政治の腕の見せどころなんじゃないかな?

田舎にいくと、
大型ホームセンターや大型100均や、
本当に見ているだけで楽しい。

物価がどんどん安くなってくださるおかげで、

お金をかけなくても、
豊かな趣味を大切にした生き方も可能。

格差社会が仕方がないのなら、

パートで働くしかない家庭もが、

豊かでゆとりある生活ができるような、
政治や政策をしてもらいたいなあと思います。

田舎の人は、
住居が広くて伸び伸びできて、住居費の安さを考えると、

あとは、
子どもの教育の環境と動線、
大人になっても成長し続けられる再教育の環境と動線が、
安価で整備されていたら、

夫婦が共にパートであっても、
けっこう豊かに幸せな心で伸び伸びと生きられるのではないかな?

多分そんなに恐怖するほどお金をかけなくても、

智恵と工夫次第で、整備は可能だし、
何よりも本当は、
やれることは山ほどあるから、

政権をとることのできた民主党さんは、うらやましいね。

文化力が高まると、
心が豊かになる。
文化度は、

再教育の環境の整備が重要ですね。
posted by ひいらぎ at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

支払猶予制度

こんにちは。

亀井静香金融・郵政改革担当相が
業績の悪化した中小企業や個人に対し、銀行からの借金の元本返済を猶予する「支払猶予制度」(モラトリアム)を導入するそうだ。

知識人には、評判が悪い。

でも、日本には本当に疲弊した個人や中小企業が多い。

元気なときに厳しくするのはよい。

でも、
なぜ、大手には事業再生ADR という厳しい法的整理ではない、
法人再生法があって、

弱いものには無いのか?

そう思う人々は多い。

恵まれた優秀な層には、
自分達の経験したことのない、本当に環境の悪さがあることが理解できない。

自分には来ないから、そこは自己責任と切り捨てる世界がはっきりと存在する。

かといって、

ただ、借金を待ってあげるだけじゃ、

環境の悪い世界の人たちが、なかなか再生できないのは確かで、

借金も雪だるまになったら、
日本国も、東京都の新銀行のように大きく負担が膨らむ可能性も高い。

過去の指導者の言うことを、ただ切り捨てるだけじゃなくてね、

友愛の精神で、
どうしたら、みんながもっと幸せになれるのかを考えあう、
試金石にすればいい。

亀井さんが言うことを、

若い智恵を加えて、

もっともっとよい方法にグレードアップする。

日本のコンサルタントができるくらい優秀で、さらに社会企業を作りたいような、

ボランタリィ精神のある人々を募集してね、

そして、
モラトリアムを発動したら、

その代わり、
彼らを派遣して(彼らもまた現場の人が自分で再生できるような支援の仕方をちゃんと、講習を受けてから派遣される)

新しい技術や新しい智恵で、

モラトリアムな個人や中小企業が進化するような政策をすればよい。

そう思うのです。

みんな、智恵を使って進化しようね。



posted by ひいらぎ at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活と政治? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

人間

今、
帰り道で〜す。

今日は、
父と一緒に、八十代のご夫婦のところにお供しました。

父が農作業に凝っていた頃、お手伝いしてくださっていたご夫婦です。

お二人共気のいい人なんで、
お互いを思いやり、
うらやましい歳の取り方です。

足腰が弱り、(若い頃からよく働いているので骨が強い)目が見えなくなってきて、
玄関から落ちたとか…。

動くのが億劫なのよね、ひいらぎちゃん。

と言われたので、
さっそく最近のムダ知識をお伝えした。

歩くのは大事なんだけどね。
歩くだけでは、筋力がつかないんだって。
(おばさんはとても素直で野菜を肉の三倍取るといいと伝えたらちゃんと実行して、
階段で踏み台昇降をやるといいと伝えたことも実行している。あの世代はなんと素晴らしい人々だろう!)

足に血液が行かないのかな冷えるのよね、
とおっしゃるので、
足は(ふくらはぎは)第二の心臓と言われていてね。
ふくらはぎを鍛えると、血液の循環が良くなるんですって。
(電話台の棚に手を置いて)こうしてね、しゃがんで立つ、
スクワットと言うんだけど、
しゃがんで立つ時に、筋力が鍛えられるんだよ。

と実践してみせた。
「まあそれなら簡単だから動くのが億劫でもできるわねえ」(このおばさま本当に素直なんです。)
とやってみてた。

ニコニコ。

最近ね、
一人一人の人間の人生を感じて、

何故か感動ににた感覚を感じるんですよね。

年配の人々も幸せになりますように。

私も偉そうに言うばっかりじゃあなくて、

ちったあ努力もしなくちゃね(^-^)
posted by ひいらぎ at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私的なモヤモヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする